おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年05月22日

なぜ海外では車が30年走れるのに中国は10年で廃車になるのか

1: 2017/05/21(日) 20:12:03.18 ID:CAP_USER

2017年5月20日、中国のポータルサイト・今日頭条が、海外では30年も走る車があるのに中国は10年で廃車になる理由について分析する記事を掲載した。

記事は、中国では一般的に自動車の寿命は10年前後で、長めでも15年、20年走る車はほとんどないと指摘。一方の外国では30年走る車もあると伝えた。

その理由について、中国では15年を超える車は車検を半年に1度受けなければならず、20年以上だと3カ月に1度の頻度になる煩わしさにあると分析。

しかも車検に合格しなければほぼ廃車決定になると、その基準の厳しさを理由として挙げた。

また、中国では事故率が高く、修理した車は寿命がそれほど長くないことや、中国のあちこちにある「減速帯」が車に与えるダメージが大きいこと、

ガソリンやオイルの質が低く偽物も横行しているため、車を傷める確率が高いこと、空気が悪いためエアフィルターを頻繁に交換しなければならず、これも偽物が多いため寿命を短くしていることにも原因があると分析した。

これに対し、中国のネットユーザーから「税金を取るためには廃車にさせる必要があるからな」「わが国は国民にお金を使わせるのが好きなんだよ」などの不満を示すコメントが多く寄せられた。

また、「車は良くても油がダメなんだよ」との指摘や、「家は強制立ち退き、車は強制廃車」と中国の現状を嘆くコメントもあった。

Record china 配信日時:2017年5月21日
http://www.recordchina.co.jp/b178800-s0-c20.html


2: 2017/05/21(日) 20:14:53.20 ID:Ao2DQQXC

車検あんのけ?


3: 2017/05/21(日) 20:15:25.34 ID:tL8fTSPn

日本は4年だよw


4: 2017/05/21(日) 20:15:36.90 ID:F3eQd4he

え?日本も10年やン

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

大阪出身の沖縄独立論者「理解できない中国脅威論、貿易や観光で密接な関係があるのに・・・」

1: 2017/05/21(日) 12:49:58.50 ID:+uvsC+jw0● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典

私が独立論者になったのは県費留学生として過ごしたロンドンだった。
研究するしまくとぅばについて語る度、琉球の歴史や現在の政治状況について触れるたび、「それで、独立支持者は何パーセントですか?」と聞かれ続けたが、そのたびに「居酒屋独立論とやゆされていて、独立は夢物語ですよ」と苦笑いで返していた。

しかしある時、スコットランド人の友人に「私たちもパブで独立を語るわよ、併合され不当に扱われてきた地域が独立を語るのはごく当たり前のことでしょ?」と指摘され、そろそろ敗北主義者はやめて正面から琉球の未来について考えてみようと思うようになった。

本書では琉球独立に関する著者の視座が展開されている。
サブタイトルにある通り「歴史を直視することは未来を展望することにつながる」のだが、私たちの多くは学校教育において琉球の歴史を学んだ経験がなく、現代史や世界経済を考える時にも私たちが生きるこの琉球を辺境の島々として捉えてしまうことが多いのではなかろうか。

本書を通して、しまくとぅばを話すとスパイとして処刑された沖縄戦や、ポツダム宣言で日本が琉球に対する領有権を放棄した事実などを学び、世界や日本の経済や政治を琉球の視点で内側から捉え直してみることは、独立という一つの選択肢を選ぶ意義について考えるきっかけになるだろう。

また、第6章では「中国脅威論」が論じられている。
現在、輸出入や製造、観光など密接な関係があるにもかかわらず「中国の脅威」の名の下に琉球弧に新たな自衛隊配備が着々と進められており、島々の軍事化に対する強い懸念の声も上がっている。
去年来沖した米中関係の専門家で、軍事化を憂慮する科学者同盟のグレゴリー・カラッキー博士が「米国から見ると理解しがたい『中国脅威論』だが、沖縄にもそれを信じている人がいるとは驚きだ」と話していたことを思い出し、中国脅威論が琉球にもたらすものの意味について考えたいと感じた。
(親川志奈子・琉球民族独立総合研究学会共同代表)

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-499762.html

no title

さと・しょうぞう 1949年大阪市生まれ。75年に沖縄移住。
琉球民族独立総合研究学会会員。会社経営の傍ら、市民運動や平和運動に参加する。


3: 2017/05/21(日) 12:50:45.97 ID:Sb0QL5fB0

沖縄を独立させる意味が理解できんw


4: 2017/05/21(日) 12:52:06.17 ID:WGQKY65I0

再度アメリカに売ればいい
それで一掃される


5: 2017/05/21(日) 12:52:41.70 ID:w2eJoJvq0

南沙諸島で中国が何やってるかは見えないふりか

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売国

中国でCIA要員12人殺害、二重スパイが裏切りか

1: 2017/05/21(日) 07:51:58.41 ID:CAP_USER

米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は20日、中国でスパイ活動をしていた米中央情報局(CIA)の情報提供者12人以上が
2010年以降、中国当局によって殺害されたと報じた。

拘束された人を含めると計18〜20人に上り、中国での米国のスパイ網が壊滅的状況に陥ったとしている。

背景について米政府当局者らは、CIA内の二重スパイが裏切ったのか、
外国の現地要員に指令を伝えるCIAの通信網が中国側に破られたのか、まだ解明されていないと述べた。

中国で次々と要員が行方不明になることからCIAは11年に徹底調査を始め、
CIAの中国を管轄する部門で働いていた元要員が二重スパイだった疑いを強めたこともあるが、
逮捕に至る十分な証拠は見つからなかった。この元要員は現在、アジアの別の国に居住しているという。

CIAは中国でのスパイ活動を最優先事項の一つとしているが、
対抗する中国の公安組織が強力なため、情報源の拡大は難航しているという。
http://www.nikkansports.com/general/news/1826916.html


3: 2017/05/21(日) 07:53:48.90 ID:BGntQ7ct

中国人は全員スパイ


14: 2017/05/21(日) 08:03:36.73 ID:zKnJVOVe

>>3
なら朝鮮人は全員失敗か?


21: 2017/05/21(日) 08:09:05.21 ID:FnheoPQA

>>14
遺伝子レベルで

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

尖閣領海での中国ドローン飛行 石平氏「自衛隊を常に緊張状態に追い込む攪乱戦術、本来なら撃ち落とすべきだが…」

1: 2017/05/20(土) 21:43:15.56 ID:CAP_USER

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海で18日、中国海警局の船から飛ばされたとみられる小型無人機「ドローン」に対し、航空自衛隊がF15戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたことが分かった。複数の政府関係者が明らかにした。

 尖閣周辺でこうした物体の飛行が確認されたのは初めて。専門家からは、中国の攪乱(かくらん)戦術との見方が上がった。

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、「中国による新たな形態の行動であり、全く受け入れられない」として、中国側に厳重に抗議した経緯を明らかにした。

 稲田朋美防衛相も同日の記者会見で、「領海侵入している中国公船が領空にドローンを飛行させたことは事態をさらにエスカレートさせるもので、全く受け入れられない。深刻なわが国の主権に対する侵害だ」と述べた。

 稲田氏の説明によると、18日に海上保安庁から通報を受け、F15戦闘機2機、E2C早期警戒機、空中警戒管制機(AWACS)が向かい、無線で警告を発したという。

 中国の狙いは何なのか。

 評論家の石平氏は「ドローンを飛ばすことは戦闘機などに比べ、コストもリスクもかからない。自衛隊を常に緊張状態に追い込む攪乱戦術ではないか」という見方を示し、秋の中国共産党大会に向けた習近平指導部のアピール作りの可能性も指摘した。

 さらに抗議という日本政府の対応を、「ほとんど意味がない。本来なら撃ち落とすべきだが、いちいち出動していては中国の狙いにはまる可能性がある。抜本的な対策を考えなければならないだろう」と話した。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170520/plt1705201530001-n1.htm

no title

中国海警局の船の上空を飛行するドローン(丸印内)=18日、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海(海上保安庁提供)


2: 2017/05/20(土) 21:47:51.63 ID:WqC3b0t7

こんな事言っているなら尖閣に自衛隊を上陸させて駐屯施設作れよ。
日中の関係がと言うためだけに
日本がちゃんとした行動を起こさないのが駄目なんだよ。


23: 2017/05/20(土) 22:33:40.54 ID:LPVHwd/P

>>2
それ、確か2012年末の選挙公約だったよな・・・・


25: 2017/05/20(土) 22:36:52.28 ID:pEEx+2wf

>>2
だから無人島にわざわざ基地施設を作るのは軍事上のセオリーでは御法度なんだよ

太平洋戦争末期に日本が置いた守備隊が次々と全滅した経過を調べてくれよ

有人島と無人島では防衛方法が違うんだよ

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尖閣諸島

【中国】新疆ウイグル自治区がIS戦士補給基地に シリアに5000人

1: 2017/05/20(土) 11:16:29.26 ID:CAP_USER

 日本では神秘的な「シルクロード」の観光地とのイメージが強い新疆ウイグル自治区だが、いまやイスラム国(IS)の戦士の補給基地となっており、シリアでは5000人ものウイグル族などの中国系戦士が活動していることが分かった。

 中国政府はテロリストとなった中国系戦士が同自治区に戻り、テロ活動を活発化している、として警戒を強めている。

 イマッド・ムスタファ駐中国シリア大使が、5月初旬に北京で開催されたシリアへの経済投資セミナーで講演して明らかにした。

 同自治区政府の主要ポストや経済の実権はほとんどが中国の内地から移住してきた漢族(中国人)が握っていることから、漢族の権力集中にイスラム教徒である地元住民のウイグル族や回族の住民らが強い不満を募らせ、トルコや東南アジア経由で出国しているという。

 ムスタファ大使によると、これまでもシリア政府軍とISグループの戦闘で、多数のウイグル族などの中国系戦士が投降、捕虜になっている。大使は「彼らの証言から、ここ数年で、ISで訓練を受けた中国系戦士ら数百人が中国に戻っており、同自治区内でテロ活動を活発化させていることが分かっている」と明らかにしている。

 たとえば、同自治区ホータン地区カラカシュ県では昨年12月28日、3人が乗った車が県共産党委員会の建物に突入し、刃物で職員らを襲撃した上、爆発物を起爆させる事件が発生。同委員会の幹部と警備員の計2人が死亡し、別の幹部3人が軽傷を負い、突入した3人は警官によって射殺されたという。

 また、昨年8月、同自治区と国境を接するキルギス共和国の首都ビシュケクの中国大使館に車が突っ込んで爆発し職員3人が重軽傷を負った事件も同様。その後の調べで、中国・新疆ウイグル自治区の独立を主張する「東トルキスタンイスラム運動」のメンバーの仕業であることが分かっている。

 運転していた男は死亡。シリアのイスラム過激派組織と連携していたとみられ、男の協力者ら5人が拘束されたほか、関与が疑われる4人が国際手配されている。

 亡命ウイグル人組織を束ねる「世界ウイグル会議」のトゥール・ムハメット日本全権代表は「昨年8月、新疆ウイグル自治区トップにチベット自治区党委書記だった陳全国氏が就任して以降、新疆での抑圧政策は強まりを見せており、それに伴い住民の不満が極度に高まっている」と述べている。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170520/frn1705200934005-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170520/frn1705200934005-n2.htm


2: 2017/05/20(土) 11:19:08.34 ID:ihKojBij

そのままシナ攻め入ってテロ攻撃すればいいのに


16: 2017/05/20(土) 11:52:11.19 ID:zqvg0mo/

>>2
いまはテロ攻撃の訓練中じゃないか?


3: 2017/05/20(土) 11:19:50.46 ID:G2G3PRuW

よし、支那畜を叩き出せ
どっかのボウズ国みたいに国際世論頼みでは支那からの開放は勝ち取れない

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイグル

【中国メディア】「日本メディアはデマの累犯者」、中国に関する報道を批判=「意図的にイメージダウン」とも

1: 2017/05/20(土) 18:46:56.82 ID:CAP_USER

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178640&ph=0

2017年5月20日、中国メディアが日本メディアの中国報道をやり玉に上げている。「デマの累犯者」「偶然のミスでは説明できない」と指摘。「意図的にイメージダウンさせている」などと非難しているが、そこには中国国内とは異なり、当局が思うようにコントロールできない焦燥感ものぞいている。

中国国務院新聞弁公室が管理するポータルサイト「中国網」は、名指しを避けながらも共同通信が先ごろ報じた「中国、米太平洋軍司令官の更迭要求」について、「デマであることが証明された」と断言。「日本メディアが中国に関するデマを伝えるのはこれが初めてではない。昨年には中国が国連海洋法条約から脱退するという誤報があった」などとして、「まさに累犯者」と決めつけた。

その理由について中国網はまず、「中国に非友好的な日本政府のご機嫌取りのためだ。日本メディアは『第四権力』『独立した報道』を自称している。しかし、日本メディアのことを少しでも知っていれば、その権力関係の深さが想像以上であることが分かる」と説明。「大手新聞社とテレビ局が『記者クラブ』という制限を受け、政府の言いなりになっている」と批判している。

続いて「読者の『悪趣味』に迎合し、中国を意図的にイメージダウンさせている」とも強調。「政府と大手メディアの長年の教育により、日本人は中国に対して数多くの誤解を持っている。週刊誌と中小新聞社はこの社会環境を利用し、一部の人々の間違った中国観に迎合している。大手メディアよりも行き過ぎた、センセーショナルな記事タイトルと大げさな表現により、ねつ造した『中国のニュース』を人々に届けている」としている。

3番目の理由としては「意図的にデマをこしらえるのは、日本メディアの『あら探し』という心理による必然的な結果だ」と分析。「日本メディアの中国への態度は冷戦後に激変した。価値観的には中国を客観視していたのが敵視に変わった。さらに中日のパワーバランスが逆転し、中国のあら探しという心理が浮き彫りになった」「時には主観的な想像で結論ありきになり、それからこの結論を導き出す資料を探すことで証拠にする」などと述べている。

4番目の理由は「中国関連部門の記者の素養が低下し、行為が変化している。彼らが中国を報じる際に、客観性や専門性は『立場』ほど重視されない」と解説。「中国に批判的な態度を持つことこそが『ポリティカル・コレクトネス』なのだ。中国のデマが批判される可能性は極端に低く、身内から責任を追及されないばかりかボーナスを手にする。その一方で、国内のデマをでっち上げれば批判を浴び、職を失うことになる。中国のデマと虚偽のニュースを報じてやまないのも無理はない」とやゆしている。


2: 2017/05/20(土) 18:47:41.85 ID:XPrjJyzj

説得力がない


3: 2017/05/20(土) 18:49:01.69 ID:y/PQdnn+

なぜか日本のパヨクと言ってることがそっくり


4: 2017/05/20(土) 18:49:11.36 ID:X1Jy1iul

犬HK配信を突然中断したりネット監視してるおまゆう

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国