宇宙開発 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年03月28日

NASAにとって中国が“脅威”に… 野心的な宇宙開発を警戒、国際会議から中国人締め出し

1: 2017/03/26(日) 21:40:45.16 ID:CAP_USER

 《宇宙開発で世界の先端を走っている米国が、中国を脅威に感じている。開発予算をみると、中国の約110億ドルに対し、米国は約390億ドル。差は大きく開いているのに、なぜ米国は中国の動きを注視しているのか。[山田敏弘,ITmedia]》

 1961年5月25日、米国のジョン・F・ケネディ大統領は米議会で、「10年以内に、人類を月に上陸させ、安全に帰還させる」とスピーチをした。このスピーチは、米国の宇宙開発を加速させた歴史的なものであるとして今も語り継がれている。

 当時、NASA(米航空宇宙局)に勝算があったわけではない。現実には、人を月に送るための具体案やビジョンすら持ち合わせていなかったと言われている。

 このスピーチの背景には、数年前の1957年にソ連が米国に先駆けて人工衛星のスプートニクの打ち上げに世界で初めて成功しており、さらにケネディ・スピーチの1カ月ほど前には、ソ連が有人宇宙飛行を成功させていたことがある。ソ連に負けてられないという空気があったのだ。

 それから56年近くが経ったいま、米国には当時のソ連と同じように、宇宙開発で“脅威”と感じている国がある。中国である。

 就任から2カ月ほどが経ったドナルド・トランプ政権だが、そろそろ宇宙開発の方向性と政策を示すのではないかと期待されている。おそらくトランプは、ケネディ大統領が宇宙開発でソ連に抱いたように、中国をこれまで同様に敵視し続けることになりそうだ。

 そもそもなぜ宇宙開発で先端をいっているイメージが浸透している米国が、中国の宇宙開発を脅威に感じる必要があるのだろうか。

 まず2016年の統計を見てもらいたい。昨年、世界でもっとも多くロケットの打ち上げを行なったのは、米国と中国である。ともに22回の打ち上げを実施しており、中国は宇宙開発においてすでに米国に「追いつき」、少なくとも脅威になりつつある。

 もちろん数がすべてではないが、打ち上げ数を見ると、米中に次いで、ロシア(19回)、欧州(9回)、インド(7回)と続く。実施数ではもうロシアを追い越しており、2016年に4回の打ち上げを行なった日本とは大きく差がついている。

中国の宇宙開発は野心的

 2003年に初めて有人宇宙飛行を成功させた中国は、近年、急速に宇宙開発を進めている。事実、2016年には、2人の宇宙飛行士が宇宙船「神舟11号」で、中国宇宙ステーションの実験モジュール「天宮2号」にドッキングして1カ月を過ごし、無事に帰還している。

 そして2017年にはロケットを30回打ち上げると発表しており、そうなると米国を大きく上回る可能性が出てくる。

 言うまでもなく、中国の宇宙開発技術はまだ米国やロシアには追いつけていないが、欧州などにはもう近づいていると言われている。ちなみに予算だけみても、中国の約110億ドルは世界第2位だが、世界第1位である米国の年間約390億ドルには及ばない。

 ただそれでも、中国のビジョンはかなり野心的だ。中国の国家科学技術革新特別計画による5カ年計画によれば、今後5年で中国は宇宙ステーションの建設を目指し、火星探査を実施の検討を開始するという。

 また中国国家航天局(CNSA)は、中国初の宇宙貨物船「天舟1号」を2017年4月に打ち上げ、2018年には月裏側への探査機の軟着陸を世界初で行う予定だ。また、2020年までには、火星への探査機を送り込むとしており、これについてはロシアや欧州も乗り出しているが、現在のところ米国しか成功していない。

 つまり、中国はこれから宇宙開発で世界をリードしていきたいという意思を見せている。中国の場合は宇宙プロジェクトの成功は国民の愛国心をくすぐり、中国共産党の正当性を示すことになるため、国家として非常に重要だからだ。

 一方、米国や欧米からは中国の宇宙開発が軍事利用に転用されるとの警戒心がある。特に米国は、以前から中国への警戒心は強い。例えば、法律で国内の宇宙開発計画から中国を締め出していることは、あまり知られていない。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n1.htm

>>2以降に続く)


2: 2017/03/26(日) 21:41:03.98 ID:CAP_USER

>>1の続き)

中国人だけに的を絞った「排除措置」

 米議会は2011年、米国の宇宙計画に中国は参加させないと議会で決定した。これにより、NASAや米科学技術政策室(OSTP)は中国との協力や、2国間で合意などを結んではいけないことになった。

 また中国人はNASAの施設などにも足を踏み入れることができないし、当然ながら国際宇宙ステーション(ISS)にも乗ることは許されない。さらに、研究者を招待するなど予算を中国人に対して使うことも禁じられた。つまり、中国人だけに的を絞った「排除措置」を取っているのである。

 そして米国で行われるNASA関連の国際会議などでも、中国人は締め出されている。ただこれには研究者たちから批判が噴出しており、2013年には米国人の科学者らが、NASAのからむ国際会議から中国人が出入り禁止になっていることに抗議の声を上げたこともあった。

 実は、バラク・オバマ前大統領の政権も米国務省に緩和を働きかけるなど動いたが、安全保障のリスクを理由に拒否されている。そしてトランプ政権でもそれがすぐにひっくり返ることは、今のところなさそうだ。

 こうした状況を踏まえて、いま宇宙計画で積極的な中国に対して米国の新政権がどう動くのかが注目されているのだ。そしてそのヒントは、トランプの側近たちがすでに公表している見解から垣間見ることができる。

 2016年10月、大統領選の直前に、トランプの“仲間”である2人が宇宙開発専門のニュースサイトに、トランプが大統領になったらどう宇宙開発を行うべきかについて寄稿をした。

 1人は後にトランプ政権で国家通商会議(NTC)の委員長に就任するピーター・ナヴァロ。対中強硬派の大学教授として知られ、トランプから厚い信頼を受けている人物だ。もう1人は、後にトランプ移行政権で宇宙政策のアドバイザーになったロバート・ウォーカー元下院議員。

 2人はトランプの宇宙開発政策について、こうアドバイスしている。

 「中国とロシアは国防総省が言うように、明らかに米国の宇宙での目と耳を『拒否し、乱れさせ、欺き、妨害し、または破壊する」ための兵器を開発している。宇宙計画で米国の政策的な優位性を維持するため、また米軍部隊や国土を守るため、私たちは宇宙開発プログラムを再び活性化させる必要がある」

米中の宇宙競争が激化する可能性

 トランプの側近たちの見方を寄稿文から見る限り、宇宙開発において中国に対して妥協したり、融和的になることはないと考えていい。中国人を排斥する法律もひっくり返ることはないだろう。

 ちなみにサイバー紛争の観点から見ると、中国はNASAや関連研究所などにもサイバー攻撃で潜入に成功しており、かなりの貴重な情報が中国当局によって盗み出されてしまっていると指摘されている。

 つまりNASAから完全に出禁になっていても、サイバー空間で重要な情報をNASAから入手しており、もしかしたら米国の出禁措置も、サイバー戦争の時代にはあまり効果がないのかもしれない。それどころか、逆にサイバー攻撃を促す結果になってさらに貴重な情報が盗まれていることだってあり得るのだ。

 ともかく、現時点でトランプの宇宙計画についてはまだ具体的な政策は発表されていない。だが、こんな話が内部から漏れ伝わっている。トランプはまず民間との協力を強化し、1961年のケネディのように、自分の任期中に米国人を月に上陸させようとしているという。

 そして中国に対して、米国の実力と主導権を見せつけようとしている、と。強硬派を抱えるトランプ政権により、これから米中の宇宙競争が激化する可能性は十分にある。

 トランプ政権下で米中の今後の関係がどう展開するのか注目だが、少なくとも、宇宙開発においては米中が1961年の米ソを彷彿とさせるような状況にあることは間違いなさそうだ。

■筆者プロフィール:山田敏弘 ノンフィクション作家・ジャーナリスト。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク日本版に勤務後、米マサチューセッツ工科大学(MIT)でフルブライト研究員を経てフリーに。
国際情勢や社会問題、サイバー安全保障を中心に国内外で取材・執筆を行い、訳書に『黒いワールドカップ』(講談社)など、著書に『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文藝春秋)『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』(中央公論新社)、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』(新潮社)がある。

(おわり)

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2017年01月18日

中国メディア「日本はハイテク大国なのに、なぜ宇宙開発は当てにならないのか」

1: 2017/01/17(火) 11:46:15.14 ID:VoAcO1cN0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日午前、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から「SS−520 4号機」を打ち上げたが、飛行中に機体からのテレメータが受信できなくなり、第2段エンジンの点火を見送った。
ロケットは海に落下し、打ち上げは失敗に終わった。

 中国メディアの科技日報は16日、JAXAが目指した世界最小級ロケットの打ち上げ失敗について紹介し、「日本は高い技術を持つ国であるのに、なぜ宇宙開発は当てにならないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、宇宙開発やロケットの打ち上げには失敗がつきものではあるとしながらも、「日本は長年にわたってハイテク大国として君臨し続ける国」であると主張。
宇宙開発にも使用される新素材開発における日本の技術力は世界最高水準であるのに、なぜ日本の宇宙開発そのものは、これほど失敗が多いのかと主張した。

 続けて、先端技術というものは一般的に「軍事」用として開発される場合が多いと指摘し、その後に民間向けに転用された技術は少なくないと紹介。
つまり、軍事工業の技術力が民間における技術力の「天井」を決めると指摘する一方、第2次世界大戦で負けた日本は軍事工業の発展を米国に制限されており、それが日本の宇宙開発における技術力の向上を制限しているとの見方を示した。

 記事が指摘しているとおり、軍事用として開発された技術が民生転用された事例は多い。
ロケットも、もともとは軍事用の弾道ミサイルとして開発されたものとされており、国が主導し、軍事用として開発したほうが予算や人材の面で有利であるのは間違いない。
だが、日本も探査機「はやぶさ」が小惑星イトカワからサンプルを持ち帰ることに成功したように、中国にも真似ができない大きな成果を挙げており、
記事の「日本はなぜ宇宙開発は当てにならないのか」という主張は的外れと言わざるをえない。

日本はハイテク大国なのに! なぜ宇宙開発は当てにならないのか=中国
http://news.searchina.net/id/1627207?page=1


4: 2017/01/17(火) 11:47:28.22 ID:KTCTbqXn0

パクリ国家のくせに偉そうだな


5: 2017/01/17(火) 11:48:38.12 ID:hmewVj5+0

ロケットで村ひとつ滅ぼした国


42: 2017/01/17(火) 12:13:51.07 ID:WCN2s0h70

>>5
燃料浴びて全員溶けたんだっけ

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2016年12月13日

宇宙大国でない日本が、どうして宇宙のゴミを率先して掃除しようとするのか=中国メディア

1: 2016/12/12(月) 10:34:52.51 ID:CAP_USER

日本の宇宙ステーション補給機「こうのとり6号」が9日夜、種子島宇宙センターからの打ち上げに成功した。同機打ち上げの目的の1つに、現在大気圏外に散らばっている大量の宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去するための技術に関する実証実験がある。

中国メディア・今日頭条は11日、「日本は宇宙大国ではないのに、どうして進んでスペースデブリの除去に取り組むのか」とする記事を掲載した。

記事は、1957年にソ連が人工衛星スプートニクを打ち上げて以降、人類は宇宙空間に大小さまざまな100万個以上のスペースデブリをまき散らしてきたと紹介。

廃棄、解体されたロケットや衛星からなる大量のゴミは頻繁に衝突を起こし、宇宙活動にとって極めて大きな脅威となっていると説明した。

一方で、スペースデブリの危険性はみんな理解しているにもかかわらず「世界各国、特に宇宙大国は口ばかりで動きが少ない」と指摘。

そのような中、中国が今年6月にスペースデブリ除去実験ロボットの「遨龍1号」を搭載したロケット「長征7号」を打ち上げ、スペースデブリ除去実験を実施したのに続き、日本も今回電線を用いてスペースデブリに見立てた物体に電流を流してその移動速度を落とし、最終的に大気圏に突入させて燃やすための落下実験を行うと紹介した。

そして、日本や中国が進んでスペースデブリを処理しようとしている理由について、その処理には複雑な先端技術の支えが必要であり、この技術を手に入れれば宇宙活動を行う能力を非常に高められるからであると論じた。

さらに、もう1つ考えられる理由として「文明はある程度発展すると、清潔や衛生に注視し重んじるようになる」と説明。宇宙開発がある程度の発展を見せたところで、環境保全に対する意識が生まれ始めたとの見方を示している。

急速な発展により環境が急激に悪化、深刻な健康被害を出したことで徐々に環境保護に対する意識が目覚め、今では環境保護大国とも称されるようになった日本。

そして、現在社会がまさにそのターニングポイントに立っている中国。盲目的な発展の歩みを緩めて振り返り、「持続可能な発展」へとシフトしていく流れは、まさに「宇宙の摂理」なのかもしれない。(編集担当:今関忠馬)

http://news.searchina.net/id/1624915?page=1


3: 2016/12/12(月) 10:37:41.86 ID:b03yS5Sd

なんでだろーねー
ゴミを回収してデータ収拾分析かもねw


6: 2016/12/12(月) 10:38:32.00 ID:KSaxQB85

中国が人口衛星にミサイルを撃ち込んで、大量に宇宙ゴミを巻き散らかしたことを書いてないが


7: 2016/12/12(月) 10:39:29.46 ID:021wIFWG

それじゃ、デブリ掃除は中国さまにお任せしますね。

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2016年12月04日

誰もいない宇宙船の中なのに、誰かがノックする音が…中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白

1: 2016/12/03(土) 12:58:55.92 ID:CAP_USER9

◆誰もいないのにノックの音。中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白

中国初の宇宙飛行士である楊利偉さんが、21時間におよんだ2003年のミッション中、
神舟5号の中で起きた恐怖体験をインタビューで語ってくれた。

利偉さんが宇宙に行ったのは2003年10月16日のこと。
神舟5号で21時間滞在し、宇宙飛行をした241番目の人類となった。

この栄誉を誇っていいはずなのだが、
今でも宇宙船の中で聞いた音に悩まさ、眠れない日々を送っている。

写真:no title


◇原因不明のノック音

「宇宙ではときおり原因不明のノックが聞こえてきました」と利偉さん。

それは宇宙船の内側とも外側ともつかない場所から聞こえてきて、
まるで何者かが木槌でブリキのバケツを叩いているような音だったという。

これを耳にして不安になり、船内をうろつき、機窓から外を覗いては、
音源の特定に務めたが、おかしな点はどこにも見当たらなかった。
 
21時間の飛行後、地球に帰還した利偉さんは、
技術者が原因を特定できるよう音を模倣して見せた。

それでも原因解明には至らず、
利偉さん自身も帰還後にその音を耳にすることはなかった。

◇謎のノック音再び。他の宇宙飛行士にも同じ現象が起きていた

ところが神舟6号と7号の乗組員からも、
奇妙なバンバン叩くような音を聞いたという報告がなされた。

しかし彼らには、宇宙に突入する前に鳴る音は通常の現象だから心配には及ばない、
と利偉さんから前もって伝えられていたためにそれほど不安はなかったという。

ちなみにNASAも宇宙の音を公開しているが、
ドアをたたくような音ではないにせよ耳障りなノイズであることは確かなようだ。

動画:https://youtu.be/dT0_Ef8bC-8



また、アポロ10号の宇宙飛行士が月の裏側で聞いた謎の音も公開されており、
こちらは今まで聞いたこともないような口笛のような音だったという。

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

カラパイア 2016年12月02日
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52229609.html


2: 2016/12/03(土) 12:59:20.15 ID:rhccQj670

それ地上だろ


3: 2016/12/03(土) 13:00:10.14 ID:4uJz5fjY0

重力に耐え切れず分解する予兆


6: 2016/12/03(土) 13:00:40.31 ID:EAL3Q8S10

宇宙だろうが地下だろうが、ギフハブの魔の手から逃れられんぞっ!

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2016年11月07日

日本と中国のロケット技術はどちらが上?新型長征ロケットで逆転

1: 2016/11/06(日) 12:03:35.48 ID:CAP_USER

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=154353&ph=0
no title


2016年11月3日、米華字メディア・多維網は記事「長征5号ロケットの打ち上げ成功、日中のロケット技術レベルはどちらが上か」を掲載した。

1970年2月、日本は人工衛星「おおすみ」の打ち上げに成功し、旧ソ連、米国、フランスに次ぐ世界4番目の人工衛星打ち上げ国となった。その2カ月後、中国は人工衛星「東方紅1号」の打ち上げに成功している。

日中の宇宙開発史はほぼ同時期にスタートしたわけだ。しかし日本は米国との技術協力を進める一方で国内での技術開発も続け、1994年には当時世界最先端の性能を誇るH2ロケットの打ち上げに成功。中国を大きく引き離した。一方の中国はロケットの打ち上げ実績こそ積んできたものの、エンジンは1960年代の技術。ロケット全体の設計にも大きな変化はなく、日本との技術格差は大きかった。

11月3日、中国は海南島・文昌発射場から「長征5号」を打ち上げた。H2ロケットと同じく、液体水素と液体酸素を推進剤とする新型ロケットによって中国の技術は飛躍的な成長を遂げた。低軌道への打ち上げ能力は25トンと世界トップクラスを誇る。日本のH2Bロケットをはるかに上回るばかりか、2020年打ち上げ予定のH3ロケットをもしのぐ能力となっている。中国の新型エンジンYF-77の推力、比推力はいまだに日本のLE-7には及ばないが、さらに強力なエンジンの開発が進められている。完成すれば中国のロケットエンジン技術は日本を上回り、ロケット技術全般でも日本を追い抜くこととなるだろう。


12: 2016/11/06(日) 12:09:59.20 ID:oDOqWO5C

ロケットの性能評価は打ち上げ可能重量だけじゃないんだけどな。
最も重視されるのは打ち上げ成功率。
100t運べるけど成功率30%では評価されない。20t級だけど成功率95%の方が評価ははるかに高くなる。
日本のH2Aは成功率95%超の高信頼性だが、中国のロケットの成功率はどのぐらいなんだ?


21: 2016/11/06(日) 12:12:01.28 ID:7c9/Sfvo

>>12
んだな。例えば、宇宙ステーションを建造することを考えると、
同じ費用で建設できる大きさや工程が異なってくるもんな。


36: 2016/11/06(日) 12:18:16.39 ID:2xUvfMVw

>>12
お前は馬鹿なのか?
成功率5割なら2回打ち上げればいいだけだろ
中国は失敗しても直ぐに次のを打ち上げる
結果、近い将来に有人で月に到達するのは中国だし、月は中国領土になるだろうよ
その頃日本はハヤブサ2で星の滓を調べてホルホルしているだけだろうよw

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発

2016年11月06日

フジテレビ報道局メディア担当局長・福原伸治 「長征5号打ち上げた中国凄い。日本の行く末が心配だ」

1: 2016/11/05(土) 17:44:55.52 ID:EAOSDz4x0 BE:203070264-PLT(23736) ポイント特典

中国スゴい。こんな多段巨大ロケットを打ち上げてしまうなんて。
もう宇宙では日本はとても追いつかない。
明治の日とか理想的な家族とか言ってる場合じゃないだろう。
現実を見よう。まだ勝てる分野があるはずだ。
http://twitter.com/shinjifukuhara/status/794171045670289408

福原伸治 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%8E%9F%E4%BC%B8%E6%B2%BB


2: 2016/11/05(土) 17:46:14.79 ID:UOKcfD4Z0

軍事だもんなw

日本は科学技術w


36: 2016/11/05(土) 17:59:41.15 ID:I8xDHwu90

>>2
結論…
軍事ですからね〜支那
そりゃ違いますよねww


3: 2016/11/05(土) 17:46:21.27 ID:UNETYsjr0

尻尾隠す気すらなくなったのかよ

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発