自動車 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年04月20日

【自動車市場】販売激増の日系車、激減の韓国車、売れ行きに「天と地ほどの差」=中国

1: 2017/04/19(水) 13:13:18.65 ID:CAP_USER

世界最大の自動車市場である中国において、日系車は近年好調な販売を記録している。2016年はトヨタやホンダ、マツダ、日産が中国市場で過去最高の販売台数を記録したほか、17年も引き続き好調を維持しており、日系大手各社の新車販売台数は17年1-3月も前年同期比でプラスを保っている。

 日系車の好調な販売とは対照的に、韓国車が中国で苦戦を強いられているという。中国メディアの今日頭条が16日付で掲載した記事は「日系車の販売激増と韓国車の激減」と題し、3月の中国自動車市場における日系車と韓国車の売れ行きに「天と地ほどの差」が生じたと紹介している。

 記事は広汽トヨタの3月の新車販売台数が前年同月比13.4%増、一汽トヨタは同116%増、東風ホンダは同31.6%増、広汽ホンダは同3.8%増、東風日産は同12.4%増と非常に好調だったことを紹介。しかし、日系車の好調ぶりとは対照的に現代自動車は同44.3%減、起亜自動車は同66.8%減だったと紹介し、韓国系車は3月の中国自動車市場で「断崖式」に滑り落ちたと説明した。

 記事は、一汽トヨタについてカローラとRAV4が好調であったこと、また、東風ホンダのCIVIC(シビック)は前年同月比292.1%増とまさに「激増」したこと、広汽ホンダの新型アコードも前年同月比71%増だったことなどを紹介、日系メーカーにはそれぞれ消費者の心を強く捉えることができる魅力的な車種が存在していることがわかる。

 では、韓国車の販売が急激に落ち込んだ原因は何だろうか。記事は、韓国と中国の高高度ミサイル防衛システム「THAAD(サード)」配備をめぐる問題について言及したが、これは韓国車の販売急減に火を着けた「導火線」に過ぎず、むしろ爆弾の本体は、消費者が選びにくい商品ラインナップ、中国市場における競争力の相対的な低下など複数の問題が顕在化した結果ではないかと論じた。

 一方で日系車の販売台数が大幅に増加した原因には「明確な商品ラインナップ」、「安定したクオリティ」、「新しい技術」などがあると指摘した。尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題が勃発した際、日系車も中国市場で非常に厳しい状況に追い込まれたが、それでもその実力によって危機を乗り越え、現在の好調さを掴むことに成功した。同じように韓国車の真の実力はこれから試されることになるだろう。(編集担当:村山健二)

http://news.livedoor.com/article/detail/12954973/


2: 2017/04/19(水) 13:19:02.39 ID:s8p+16ss

中国でも韓国車に乗ってるとキチガイ扱いされるみたいだから、これは仕方ないなw


3: 2017/04/19(水) 13:21:56.31 ID:XMZ7MDAp

故障知らずとアフターサービス
満足するのは当然


4: 2017/04/19(水) 13:24:48.79 ID:tD6BLStS

時限発火装置つきなのになぜ売れないニカ?>1

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

2017年04月08日

中国で苦戦を強いられる韓国車、中国車の品質向上が要因だ=中国報道

1: 2017/04/06(木) 10:47:18.73 ID:CAP_USER

http://news.searchina.net/id/1632978?page=1

 2017年1−2月の中国自動車市場における韓国車の販売状況が芳しくない。自動車産業ポータルMARKLINESによれば、17年1月の韓国車の乗用車販売シェアは前年同月比11.14%減、また2月は同1.72%減となった。中国メディアの捜狐は3日、韓国車の3月における売れ筋車種の販売台数にも減少傾向が見られたと伝えつつ、中国自動車市場における韓国車の販売減少は「THAAD(サード)問題」によるものなのか、それとも中国車のクオリティ向上によるものなのかを考察している。

 記事は、世界最大の自動車市場である中国において、韓国車の販売が苦戦していることを指摘、3月は小型SUV車のツーソンやix25、また小型乗用車のエラントラは依然として売れていると紹介する一方、「これは優待セールスによるものであり、決してドイツ車や日系車のような強力な商品力によるものではない」と説明した。

 続けて、THAAD問題も韓国車の販売減に一定の影響を与えているととしたが、販売減の本質的な理由は中国車のデザインやコストパフォーマンスの向上にあると主張。例えば广汽傳祺のGS8、吉利汽車の博瑞、栄威(ROEWE)のi6等のデザインは「非常に洗練されている」と指摘、コストパフォーマンスの点でも韓国車はもはや中国車のライバルではないと論じた。

 さらに、自動車の基幹部品であるエンジンやトランスミッションの技術においても、韓国車はずっとドイツ車や日系車の後を追いかける存在であり、技術面でセールスポイントは少ないと指摘。韓国車は日系車やドイツ車、米国車の価格引き下げと、中国車のクオリティ向上という「上下からの圧力」を受けており、生存空間がどんどん圧縮されている状況だと説明した。

 中国では「中国車に乗っていたのではメンツが立たない」と考える消費者は今なお大勢いるが、それでも中国車がクオリティを向上させ、販売を伸ばしているのも事実だ。自動車産業で中国メーカーが日本やドイツに容易に追いつけるとは考えにくいものの、中国市場では勢いを増しており、韓国車はその勢いに販売シェアを奪われつつあるようだ。


2: 2017/04/06(木) 10:48:01.18 ID:TKxtHrNs

どんぐりの背比べ


3: 2017/04/06(木) 10:48:38.00 ID:+T3MZKM2

一連のボイコット運動が原因でしょ


4: 2017/04/06(木) 10:48:40.12 ID:SJNKyOwB

差別ニダ

迫害ニダ

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

2017年03月08日

日本車は世界で人気なのに!日本人の車離れに疑問 中国メディア

1: 2017/03/07(火) 08:43:44.86 ID:W8/TjveZ0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

日本車は世界で人気があるが、中国市場でもそれは同様だ。しかし、日本国内では若者の自動車離れが指摘されており、
中国メディアの今日頭条は4日、日本の自動車メーカーが世界中で日本車を売りまくっているのに、日本人は日本車どころか
自動車に乗らなくなっていると伝えている。

まず記事は、日本車は「質と価格で世界に認められている」と指摘したうえで、日本では日本車が中国よりも3割ほど安く購入できると紹介。
中国では安定した収入のあるサラリーマンや若者の多くが自家用車を購入しているが、「日本では安定した収入があっても、
必ずしも自家用車を購入しない人も多い」と伝えた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12761974/


2: 2017/03/07(火) 08:44:55.67 ID:VXqvL9Sd0

維持費がな


3: 2017/03/07(火) 08:44:55.14 ID:Hb9hu6gu0

金がねえんだよ


4: 2017/03/07(火) 08:45:02.08 ID:mkJiAuQ10

故障しなきゃ変える必要無し

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

2017年02月19日

プリウス、中国でわずか1台しか売れず… 不人気の実態浮き彫り、値上がりでさらに苦戦

1: 2017/02/17(金) 20:57:07.55 ID:CAP_USER

中国自動車市場でトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が苦戦している。昨年12月の中国での販売台数は僅か1台にとどまった。しかも、同国でプリウスが売れたのは昨年5月以来のことで、ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)が集計したデータでは2016年の販売台数は76台と前年の約700台から激減した。

トヨタの象徴的ブランドでもあるプリウスは、1997年に日本で発売されて以降、中国以外の市場では約20年にわたり売れ行きが好調だ。中国の主要都市が深刻な大気汚染に直面する状況にもかかわらず、HVのプリウスが同国の消費者の関心を引いていない実態が浮き彫りとなった。

BIの自動車・工業セクターのアナリスト、スティーブ・マン氏はプリウスの不振について、「独自の価値を提供するプリウスは中国の消費者になじみの深いカテゴリーに当てはまらない。高い品質で定評があり、はるかに人気の高い『カローラ』や『カムリ』への需要がプリウスの販売にマイナスに働いている」と分析する。

ブルームバーグの集計データによれば、トヨタの昨年の中国でのHV販売台数は7万1676台と前年の8倍に急増、過去最高を記録した。8年連続で前年実績を上回った。このうちカローラやカムリのHVモデルの販売台数は合計約4万7000台と、HV全体の約65%を占めた。

トヨタが15年に現地生産をやめたプリウスは輸入時に25%の関税が課されるため、中国での価格は最低22万9800元(約380万円)。中国でこの金額を払えば、ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車ブランド、アウディのスポーツ用多目的車(SUV)「Q3」が購入できる。

トヨタは15日、プラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」の新型車を日本で発売した。3月には同モデルを欧州市場で投入する計画だが、中国市場で発売する予定はない。しかし、同社の内山田竹志会長は同日、新型プリウスPHVの発表会見で「中国でHVの普及に最善を尽くす」と意気込んだ。

産経 (ブルームバーグ Eric Lam)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170217/bsa1702170500002-n1.htm


4: 2017/02/17(金) 21:00:27.79 ID:VqeViaiE

環境より見栄?


5: 2017/02/17(金) 21:01:06.97 ID:LCR3LcCv

別に無理に売らんでもいいのでは


6: 2017/02/17(金) 21:01:39.39 ID:BKl2zT+R

1台は解体調査用か

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

2017年02月09日

【中国メディア】米国じゅうが日本車でいっぱいになっても、日本じゅうがアメ車だらけになることはない

1: 2017/02/08(水) 16:00:59.28 ID:CAP_USER

 中国メディア・今日頭条は6日、「トランプは米国車を日本の街にたくさん走らせたいようだが、どうしてその実現が難しいのか」とする記事を掲載した。

 記事は、トランプ米大統領が先日、「米国ではたくさん日本車が走っているのに、日本では米国車をほとんど見ないというのは不公平。日本は閉鎖的な自動車市場を開放せよ」といった趣旨の発言をしたことを紹介。そのうえで「開放すれば実現するというほど、簡単な問題ではない」と指摘し、日本車が米国で歓迎される理由と、米国車が日本で普及しない理由についてそれぞれ論じている。

 まず日本車が米国で歓迎される理由については「自動車に乗って通勤する郊外在住の米国人にとって、最も重要なのは品質と燃費」、「自動車はあくまでも『足』代わりのツールであり、中国人ほど見栄えを気にしない」、「日本企業が米国市場を重視しており、米国人の消費心理やニーズについて、多くの労力を費やして研究している」という3点を挙げた。

 続いては、米国車が日本で普及しない理由だ。1点目は「狭い国土ゆえ小さくて精巧なものを好む日本人は、大きな米国車を好まない」、2点目は「環境保護を重視し、燃油価格が高い日本では、特に燃費が重視される。米国車は燃費が悪い」とした。記事はそのうえで、日本の自動車市場の扉を開きたいのであれば、市場の開放以前に「まず米国の自動車メーカーに、日本人に合った自動車を生産させなければならないのだ」と結論付けている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://news.searchina.net/id/1628764?page=1


2: 2017/02/08(水) 16:03:10.87 ID:tTr7GNTM

マイナス関税かけたってアメ車なんて売れねーよ
アメ車買っても、何処でサービス受けるの?

日本市場を攻略したきゃ、まず100店舗以上の販売店を建てろ
投資もせずに市場攻略しようとか舐めてんのか


9: 2017/02/08(水) 16:08:49.99 ID:A1dbvb+S

>>2
20年ほど前、サターンでやりましたが全く売れなくて沖縄のタクシーになりました。

その15年後、ヒュンダイもやりましたが全く売れなくて東京下町のタクシーになりました。

いずれも部品が極端に品薄で共食い整備でほぼ消滅しちゃいました。


29: 2017/02/08(水) 16:24:48.56 ID:0XkmbMMY

>>2
一時期トヨタのバックアップでアメ車を売り出したが
とにかくすぐ壊れた
ボンネットが割れるなどもあった
結局売れなくて終了

余談だけど所ジョージをCMに使ってた

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

2017年02月08日

【中国メディア】トヨタはなぜフォルクスワーゲンに負けたのか

1: 2017/02/06(月) 17:23:07.48 ID:CAP_USER

 中国メディア・汽車之家は5日、「連覇が破れたトヨタはどうしてフォルクスワーゲンに負けたのか」とする記事を掲載した。4年連続保ってきた年間世界販売台数世界一の座をフォルクスワーゲンに譲った背景には北米市場の不調があり、トヨタにとって、これからの北米市場が試練とチャンス両方の要素を持っていることを紹介している。

 記事は、トヨタの2016年における世界自動車販売台数が約1021万台で、フォルクスワーゲンの1031万台をわずかに下回って世界一の座を譲ったと紹介。両社について、トヨタは米国、フォルクスワーゲンは中国と、世界の自動車2大市場でそれぞれ強みを持っており、今回の首位交代はトヨタの米国市場での業績が思わしくなかったことが大きな要因であると説明した。

 また、トヨタが17年に世界一を奪還する大きなカギとなるのも米国市場であるとする一方、トランプ政権がスタートした米国では試練に立ち向かわなければならないと伝えた。米国本土で多くの自動車を売るなら、米国本土により多く投資せよというトランプ大統領の姿勢に対し、トヨタは現在メキシコでカローラの生産基地建設を検討、これに同大統領が不満を示しているとした。

 そこでトヨタは5年後の22年までに米国に100億米ドル(約1兆1300億円)の投資を行うことを明らかにしたと紹介。この計画によって米国内での生産能力が拡大し、より多くの雇用の機会を生むことになるほか、同社の米国市場における成長を助けることにもなりうると説明している。記事は、世界一の座を譲ったのはあくまでも生産台数であり、これは表向きの数字に過ぎないことを強調。「表向きの部分では負けたが、トヨタの利益率はもともとフォルクスワーゲンを大きく上回る」とし、「利益率の部分で勝ったか負けたかについては、トヨタの財務報告の発表が待たれる」と伝えた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://news.searchina.net/id/1628596?page=1


2: 2017/02/06(月) 17:26:10.18 ID:Qk13FtJr

排ガス規制を守ってるから。


3: 2017/02/06(月) 17:27:28.67 ID:EAokkwhe

むしろ格上のはずのドイツ車と戦えている事に驚きだわ
大戦中の戦車作ってた所は自動車も強い


12: 2017/02/06(月) 17:36:28.91 ID:zPIFQ3W8

>>3
ワーゲンは格上というか…。

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車