売国 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年05月22日

大阪出身の沖縄独立論者「理解できない中国脅威論、貿易や観光で密接な関係があるのに・・・」

1: 2017/05/21(日) 12:49:58.50 ID:+uvsC+jw0● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典

私が独立論者になったのは県費留学生として過ごしたロンドンだった。
研究するしまくとぅばについて語る度、琉球の歴史や現在の政治状況について触れるたび、「それで、独立支持者は何パーセントですか?」と聞かれ続けたが、そのたびに「居酒屋独立論とやゆされていて、独立は夢物語ですよ」と苦笑いで返していた。

しかしある時、スコットランド人の友人に「私たちもパブで独立を語るわよ、併合され不当に扱われてきた地域が独立を語るのはごく当たり前のことでしょ?」と指摘され、そろそろ敗北主義者はやめて正面から琉球の未来について考えてみようと思うようになった。

本書では琉球独立に関する著者の視座が展開されている。
サブタイトルにある通り「歴史を直視することは未来を展望することにつながる」のだが、私たちの多くは学校教育において琉球の歴史を学んだ経験がなく、現代史や世界経済を考える時にも私たちが生きるこの琉球を辺境の島々として捉えてしまうことが多いのではなかろうか。

本書を通して、しまくとぅばを話すとスパイとして処刑された沖縄戦や、ポツダム宣言で日本が琉球に対する領有権を放棄した事実などを学び、世界や日本の経済や政治を琉球の視点で内側から捉え直してみることは、独立という一つの選択肢を選ぶ意義について考えるきっかけになるだろう。

また、第6章では「中国脅威論」が論じられている。
現在、輸出入や製造、観光など密接な関係があるにもかかわらず「中国の脅威」の名の下に琉球弧に新たな自衛隊配備が着々と進められており、島々の軍事化に対する強い懸念の声も上がっている。
去年来沖した米中関係の専門家で、軍事化を憂慮する科学者同盟のグレゴリー・カラッキー博士が「米国から見ると理解しがたい『中国脅威論』だが、沖縄にもそれを信じている人がいるとは驚きだ」と話していたことを思い出し、中国脅威論が琉球にもたらすものの意味について考えたいと感じた。
(親川志奈子・琉球民族独立総合研究学会共同代表)

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-499762.html

no title

さと・しょうぞう 1949年大阪市生まれ。75年に沖縄移住。
琉球民族独立総合研究学会会員。会社経営の傍ら、市民運動や平和運動に参加する。


3: 2017/05/21(日) 12:50:45.97 ID:Sb0QL5fB0

沖縄を独立させる意味が理解できんw


4: 2017/05/21(日) 12:52:06.17 ID:WGQKY65I0

再度アメリカに売ればいい
それで一掃される


5: 2017/05/21(日) 12:52:41.70 ID:w2eJoJvq0

南沙諸島で中国が何やってるかは見えないふりか

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売国

2017年05月12日

「中国が攻めてくる訳がない。安倍が仮想敵国作って脅威煽ってる」 石垣島で自衛隊配備反対派が会合

1: 2017/05/11(木) 19:37:02.74 ID:id8vSl2j0● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典

県議会与党、社民・社大・結連合会派の比嘉京子会派長や次呂久成崇氏らメンバー9人が10日、自衛隊配備計画について候補地周辺4地区の住民らと川原公民館で意見交換、平得大俣東の候補地を視察した。
住民らは「米軍であれ自衛隊であれ、これ以上沖縄に基地を造らせないで」と訴えた。

意見交換には住民や反対運動を展開する団体の代表らが出席。
「ここは食糧の生産基地。農業振興に使うべきだ」「ミサイル基地が近くにあると人が住まなくなる」「配備して戦争がなくなるなら多少は我慢するが、余計に争いの元になる」
「抑止力になるわけがない。戦争のリスクだけが高まる」「民意が通らず、なし崩しに進められる」などと声を上げた。

30代の住民は「若い世代にとって戦争と言われても実感がない。自衛隊が配備されて、にらみ合いが起きた場合、観光客が来なくなるのではないかという懸念がある。経済的に大打撃を受けるというアプローチが若者には響くのではないか」と語った。

比嘉会派長は「米国とも日本とも経済的結びつきのある中国が攻めてくるのか。仮想敵国をつくり、脅威をあおって軍備強化を図るのが安倍政権の戦略だ」と批判。
崎山嗣幸幹事長は「知事を含めて配備反対を求めていかなければならないと思う」と述べた。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/31606/
no title


2: 2017/05/11(木) 19:38:01.73 ID:zzX9+SGu0

尖閣に行って日本国旗立ててきたら同意してやる。


3: 2017/05/11(木) 19:38:27.19 ID:pjzcyJvA0

絶対はないからな。
準備と段取りしないやつは何をしても失敗するもんだよ。


5: 2017/05/11(木) 19:38:40.82 ID:dWiEJGZU0

さすが中国の手下だからよくわかってるな

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売国

2017年05月06日

【共産党】志位委員長「国民の意見がまとまれば、安保条約も米軍基地もなくなる、大転換の民主主義革命だ」丸腰で日本を守る共産党

1: 2017/05/04(木) 20:18:35.00 ID:CAP_USER9

 共産党の志位和夫委員長が4月23日に行ったセミナーは日本民主青年同盟(民青同盟)が主催。
共産党によると、志位氏が若者向けに綱領の解説をするのは初めてという。

 綱領には「日米安保条約を廃棄し、米軍と軍事施設を撤退させる。対等平等の立場に基づく日米友好条約を結ぶ」と明記されている。

 志位氏は、現在の安保条約10条に廃棄の規定を入れたのは安倍晋三首相の祖父の岸信介元首相だったことを紹介。

「国民の意見がまとまれば、安保条約も米軍基地もいっぺんになくなる。本当の友情は対等平等でこそ結ばれる」と強調した。
そして、「恥ずかしい従属国の状態から抜け出すことが、大転換の民主主義革命の課題だ」と力説した。

 言うまでもないが、核・ミサイル開発に突き進む北朝鮮や、軍事力を背景にした海洋進出を続ける中国など踏まえれば、
日米安保や米軍基地が「いっぺんになくなる」影響は計り知れない。共産党は綱領で自衛隊の解消もうたっているが、丸腰でどうやって日本を守るというのか。

志位氏は「綱領が目指す新しい日本は、軍事同盟から抜け出し、自主独立の国になろうということだ。非同盟・中立の流れにこそ未来がある」と訴えた。
かつて自民党の高村正彦副総裁が「米軍抜きで日本を守るためには、かえって軍事費の大幅増が必要になる」と皮肉ったことが脳裏をよぎった。

 セミナーでさらに驚いたのは、志位氏が、今の日本社会こそ理想的な社会主義国家を建設する素養があると力説したことだ。

 「今の時代になぜ社会主義か。そう聞かれたら『あなたはこの資本主義社会が、人類が最後に到達した理想主義社会か』と問うたらいい」

共産党が昨夏の参院選で民進党などと野党共闘に乗りだしたとき、一部には共産党がこうした綱領を変更し、現実路線にかじを切るのでないかとの見方もあった。
しかし実際は、1月に開催した3年ぶりの党大会で綱領を維持。変更するどころか、各地で綱領の意義を学ぶ勉強会を開いているのだ。

 共産党は、民進党などに「安保関連法廃止」の一点で共闘する「国民連合政府」の樹立を提唱している。
志位氏はたびたび「国民連合政府に共産党の立場は持ち込まない。各党の主張が合う点だけで共闘すればいい」と訴えている。

 ただ、当選者が1人しかいない衆院選挙区で民共両党が統一候補を立てることになれば、
有権者はどうしても、脳裏の片隅に「安保廃棄」「社会主義」などを思い浮かべるのでないか。

 民進党が再び政権に戻ろうと思うならば、共産党の本質を忘れてはならないはずだ。義主張を横に置いて、
一定の「共産票」だけあればいいというならばいいが、それは万年野党への入り口になるだけだ。

http://www.sankei.com/premium/news/170504/prm1705040013-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/170504/prm1705040013-n1.html


2: 2017/05/04(木) 20:20:57.77 ID:HnnrWoMu0

みよ このキチガイを!


3: 2017/05/04(木) 20:22:15.06 ID:QQ0bUlNF0

共産主義革命だろが


4: 2017/05/04(木) 20:22:18.83 ID:Blynekxo0

独裁ポルポト志位が戯言

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売国

2017年05月01日

【共産党】志位委員長「日米安保同盟破棄」を主張、北朝鮮緊迫のさなか本性が露わに

1: 2017/04/29(土) 18:25:22.02 ID:CAP_USER

共産党の志位和夫委員長は23日、若者向けに党綱領を解説する「綱領セミナー」を開き、日米安全保障同盟の廃棄や、
資本主義から社会主義に転換する意義などを訴えたそうだ。

セミナーは日本民主青年同盟(民青)の主催で、志位氏が若者向けに解説するのは初めてだそうだが、何というタイミングか。
日米が連携して危機を警戒する中、「日米安全保障同盟の廃棄」とは一体どこの国の主張なのか。

 そして、次期衆院選で野党共闘をする際、安保法廃止を「一丁目一番地にする」と言及。
「本当の友情は対等平等でこそ結ばれる。恥ずかしい従属国から抜け出すべきだ」と述べ、日米安保条約を廃棄して国内の米軍基地を一掃し「日米友好条約」を結ぶよう求めたが、
志位体制の「ソフト路線」とはやはりは見せかけで、これが共産党の本性なのだ。 

 共闘する野党もまた、共産党の主張を認めていると見られても文句はあるまい。それが嫌なら票を当てにした野合など止めるか、長島昭久氏のように離党すべきだ。

 産経新聞社とフジニュースネットワークが15、16両日に実施した合同世論調査によると、北朝鮮の核・ミサイル開発に脅威を感じると答えた人9割以上に達している。
浮世離れした政治家を含む残り1割弱の国民と共に「座して死を待つ」のは御免だ。

http://www.sankei.com/politics/news/170429/plt1704290012-n4.html
http://www.sankei.com/politics/news/170429/plt1704290012-n3.html
http://www.sankei.com/politics/news/170429/plt1704290012-n2.html
http://www.sankei.com/politics/news/170429/plt1704290012-n1.html


2: 2017/04/29(土) 18:26:21.11 ID:U72zHN8x

共産は人間じゃないからね


3: 2017/04/29(土) 18:26:34.00 ID:cX2WswLs

アカは吊るせ
基本だ


4: 2017/04/29(土) 18:26:42.67 ID:iFiJb5Vq

核武装と先制攻撃を解禁してからな

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売国

2017年04月30日

【ありがとう菅直人】西日本最大のメガソーラー、中国企業が中国製品を使い建設

1: 2017/04/29(土) 19:43:46.68 ID:rRoIhgBt0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典


島根県のメガワット太陽光発電所、設備の9割が中国製―中国紙

日本と中国の企業の出資により設立された極能集団公司が開発・建設を担当し、運営・メンテナンスを進める
日本の島根県浜田市の第2期12メガワット太陽光発電所は、西日本地域で最大の太陽光発電所だ。「経済日報」が伝えた。

コア部品には、中国正信光電集団、華為集団、海鴻集団などの中国ブランド製品が採用され、中国産設備の占める割合が90%を越える。
初めて日本で中国民間企業が主導し、日本、中国、タイ、韓国、ドイツの5カ国の合弁協力によって建設された太陽光発電所でもある。
このプロジェクトの成功は、中国の太陽光発電製品が日本の市場で公的にも民間でも幅広く認められたことを意味する。(提供/人民網日本語版・編集KS)

http://www.recordchina.co.jp/b176662-s10-c20.html


2: 2017/04/29(土) 19:44:45.55 ID:t0reJH/q0

胸くそが悪い


3: 2017/04/29(土) 19:45:13.69 ID:M+HhFYsQ0 BE:163221131-PLT(33337)

日本にパネル作ってるメーカーなんてあるのかね?


8: 2017/04/29(土) 19:46:56.68 ID:JzlRwrCQ0

>>3
シャープとか

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売国

2017年04月26日

中国主導の「一帯一路」会議に二階幹事長を派遣へ、安倍首相が決定 中国も歓迎、副総理級の接遇に

1: 2017/04/25(火) 09:02:53.26 ID:CAP_USER9

安倍首相は、中国が5月に北京で開く巨大経済圏構想「一帯一路」に関する国際フォーラムに、
自民党の二階幹事長を派遣することを決めた。

北朝鮮が核・ミサイル開発を強行する中、北朝鮮に強い影響力を持つ中国に大きな役割を
果たすよう促すため、中国指導部とのパイプの太い二階氏を訪中させることにした。

国際フォーラムは中国政府の主催で5月14、15日に開かれる。
二階氏は、首相から中国の習近平シージンピン国家主席に宛てた親書を届ける予定だ。

習氏と一昨年5月に会談している二階氏の参加を中国側も歓迎しており、
「副総理級の接遇になる」(日本政府関係者)見通しだという。

二階氏には内閣官房、外務省職員のほか、経団連の榊原定征さだゆき会長も同行する。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170424-OYT1T50186.html


3: 2017/04/25(火) 09:05:05.88 ID:6crK+jTm0

これは二階が行かせてくれと頼んだんだろうな・・・
まぁパイプを作っておくことは悪い事じゃないがな。
中国もヘタれがバレたから大変だろう。


5: 2017/04/25(火) 09:05:23.55 ID:jPeWfb6c0

売国するの


6: 2017/04/25(火) 09:05:46.05 ID:yGxiRGoz0

北朝鮮対応へのお返しか
韓国へ当てつけか

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売国