鉄道 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年03月26日

インドネシア高速鉄道化計画、日本へ要請

1: 2017/03/24(金) 23:20:38.18 ID:MxAtdcQ60 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典

【ジャカルタ共同】インドネシアのルフット調整相は24日の記者会見で、首都ジャカルタと東部の大都市スラバヤを結ぶジャワ島の既存鉄道(約750キロ)の高速化計画について、日本へ要請することをジョコ大統領が正式に決めたと述べた。

ジャワ島でのこれとは別の高速鉄道計画では2015年に中国が日本を破って受注したが、建設工事が遅れており、インドネシアで中国に対する不信感が広がっている。
旅客数や輸送量が多い主要鉄道の高速化事業を請け負う「お墨付き」を大統領から得たことで、日本が巻き返した格好だ。
ルフット氏はジョコ大統領の側近中の側近。

http://www.47news.jp/news/2017/03/post_20170324213209.html


2: 2017/03/24(金) 23:21:08.48 ID:r5yyqezq0

    /\___/ヽ
   //~    ~\:::::\
  . |  (・)   (・)   .:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|  は?
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


3: 2017/03/24(金) 23:21:57.47 ID:wRKtJ8dL0

>>1
ムカつく連中だな
チャンコロかクソチョンに頼めや


4: 2017/03/24(金) 23:21:58.89 ID:a5lyLgJA0

入札しないで日本指名なの?

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年02月22日

タイ国鉄、導入したばかりの中国製寝台列車が脱線

1: 2017/02/20(月) 23:51:06.17 ID:CAP_USER

バンスー駅近くで脱線した中国製寝台列車
no title

no title


2017年2月18日朝9時ごろ、バンコク都内バンスー駅構内の引込み線で昨年末から運行を始めたばかりの中国製寝台列車が脱線した。事故による負傷者はいなかった。

バンコク都バンスー駅構内で車両基地に向かっていたバンコクーチェンマイ間で運行された寝台列車が脱線した。

タイ国内では、国鉄の予算が少ないために保線整備が万全とは言いがたく、こうした脱線事故は日常的に発生している。

また、地方には遮断機のない踏切も多く、自動車などとの衝突事故も後を絶たない。

昨年には、全国的に保線整備が実施されたものの、まだまだ万全とは程遠い状態だ。

グローバルニュースアジア【翻訳/編集:RD】
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4124&&country=2&&p=2#photo


2: 2017/02/20(月) 23:51:38.67 ID:23tpESBX

安物買いの


3: 2017/02/20(月) 23:52:25.95 ID:Qfv9SYXF

はよ埋めて!


5: 2017/02/20(月) 23:53:04.48 ID:thMs0XZ7

鉄道は、まあ、メンテの方が問題だから……線路になんか問題あったんだろ。

だから車両単体入れても意味なくて、運用全体をパッケージ導入できないと
事故が起きまくるだけだし。

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年02月20日

新幹線と中国高速鉄道「もはや技術は優劣のつけようがない」

1: 2017/02/19(日) 15:38:23.55 ID:CAP_USER

アジアを中心に高速鉄道の受注競争を展開する新幹線と中国高速鉄道はしばしば比較の対象となるが、中国人は新幹線についてどのようなイメージを抱いているのだろうか。

中国メディアの今日頭条は18日、日本と中国はともに世界最先端の高速鉄道技術を確立した国であると伝え、両国の技術はほぼ優劣のつけようがないと伝えつつも、中国高速鉄道は新幹線より最高時速が早く、新幹線は中国高速鉄道より安全性が高いと指摘している。

記事は、中国の近年の高速鉄道技術は飛躍的に進歩していると伝え、一部の領域ではすでに新幹線すら凌駕しているとする一方、日本は世界でもっとも早くに新幹線を開業させた国であるとし、最高時速は中国高速鉄道に劣ったとしても「時間に正確な運行と安全性という点では中国高速鉄道を上回る」と指摘した。

続けて、新幹線の「時間に正確な運行」と「安全性の高さ」は新幹線の運行システム全体に対する綿密なメンテナンスの賜物であるとし、地震を始めとする自然災害が多い日本にあって高速で走行する新幹線を安全に運行できているのは驚異的との見方を示した。

また記事は、中国で高速鉄道が開業したのは2003年のことであり、それから極めて短期間で世界最長の高速鉄道網を構築したことは「中国人にとっての誇り」であると主張。現在の速度で発展を続けることができれば、中国高速鉄道が全面的に新幹線を上回る日が近い将来やってくるはずだと主張した。

サーチナ(編集担当:村山健二)
http://news.searchina.net/id/1629528?page=1


2: 2017/02/19(日) 15:39:31.70 ID:U5UW5vQz

リニアってご存じ?
新幹線は何時出来た?


3: 2017/02/19(日) 15:40:20.76 ID:mMPDLeNb

支那高速と違い日本には埋める技術は有りません悪しからず


4: 2017/02/19(日) 15:40:50.79 ID:pHElGS1n

確かに埋める行為は日本はまだだから、
支那は一歩リードしてる。

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年02月19日

【中国】インドネシア高速鉄道は困難に直面、日本が「嘲笑の機会をうかがっている」

1: 2017/02/18(土) 09:05:22.73 ID:CAP_USER

 インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていた。だが、ふたを開けてみるとインドネシア政府の債務保証を求めないなど破格の条件を提示した中国が受注した。

 ジャワ島の高速鉄道計画はすでに一部で建設工事が進められているが、土地の収用が思うように進んでいないとの報道も多く、予定どおりに開業できるか不透明な状況となっている。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「ジャワ島の高速鉄道計画を失注した日本はプロジェクトの進展をめぐって中国側を嘲笑する機会をうかがっている」と主張する記事を掲載した。

 記事は、ジャワ島の高速鉄道計画が土地収用をめぐって停滞していることに対し、「日本はようやく鬱憤を晴らす対象を見つけたようだ」と主張し、日本メディアがここぞとばかりに同計画について「暗礁に乗り上げる危険性」、「インドネシア国民の反中感情が高まっている」などと報じていると伝えた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://news.searchina.net/id/1629512?page=1


2: 2017/02/18(土) 09:06:51.44 ID:tT9yPBSF

知らん選んだのはインドネシア


3: 2017/02/18(土) 09:07:32.44 ID:xIEtZ/uD

知らんがな
インドネシア共々勝手にしろ


5: 2017/02/18(土) 09:07:51.23 ID:5634GiD1

え? もう既に…( ´,_ゝ`)

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年02月01日

日本との競争に勝った中国、高速鉄道建設に着工 インドネシア・ジャワ島「日本の常識外の突貫工事」へ

1: 2017/01/30(月) 21:01:50.69 ID:CAP_USER

日本との競争の末に中国が受注し、昨年1月の着工式典後も工事が手付かずだったインドネシア・ジャワ島の高速鉄道(約140キロ)の一部で建設工事が始まったことが分かった。

ただ建設用地の取得は完了しておらず、見切り発車した格好。予定の2019年までに完工できるか危ぶむ声が出ている。

高速鉄道は首都ジャカルタと高原都市バンドンを結ぶ計画。ただ、建設に必要な用地取得は約10%が未完了で、このため中国の銀行との融資契約も締結されていない。

合弁会社「インドネシア中国高速鉄道」は空軍が管理するハリム空港周辺にジャカルタ側の始発駅を設定したい意向だが、国防省の許可が下りず、用地は確保できていない。

合弁会社の報道担当者は「建設作業員を増員して、19年5月の完工を目指している」と述べた。

一方、日本の鉄道専門家は「よほどの突貫工事なら19年に間に合うかもしれないが、(安全を第一とする)日本の常識からすると無理だ」と指摘した。

産経 (共同)
http://www.sankei.com/world/news/170130/wor1701300010-n1.html


2: 2017/01/30(月) 21:03:06.02 ID:eLd6gazR

中国の融資なくて着工できないんじゃ?


3: 2017/01/30(月) 21:03:45.29 ID:1kC9ZH8v

>>1
日本の調査データを渡したやつか。


4: 2017/01/30(月) 21:04:00.35 ID:skluPPB+

突貫工事は中国の得意中の得意技だからな。脱線して高架から落ちたりすると、
原状回復がすばやいからな。

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2017年01月13日

日本の駅弁は美味で種類も豊富、中国と比較することすらおこがましい!

1: 2017/01/12(木) 12:30:30.22 ID:CAP_USER

http://news.searchina.net/id/1626935?page=1
no title


 中国人は往々にして「中国高速鉄道は新幹線よりも技術的に優れている」と主張したがるが、それでも新幹線に「到底敵わない」と認めるのが駅弁だ。中国高速鉄道では車内で販売される弁当は種類が少なく、高額であるうえに「不味い」というのが定評となっている。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、台湾や日本の駅弁は非常に美味しく、見た目もすばらしいと称賛し、中国とのあまりの差に「比較することすらおこがましい」と論じている。

 記事はまず、台湾の駅弁事情について「台湾の美食が詰まった駅弁は鉄道利用時における必需品」であるとし、台北駅にある駅弁専門店はいつも駅弁を求める客で長蛇の列ができていると紹介。鉄道路線や駅によって駅弁の内容は異なるうえ、ボリューム感があり、価格もさほど高くないため人気を博していることを紹介した。

 続けて日本の駅弁について「東京駅で販売されている駅弁の種類の多さには驚くほかない」と指摘し、新鮮な食材をふんだんに使用した見るからに美味しそうな駅弁は「すべて食べてみたいと思うものばかり」と称賛。日本には生モノを食べる習慣があるため、生の食材を使った弁当も多いとしながらも、「生モノを食べ慣れていないとしても鰻や牛肉など、食べられる弁当はいくらでも存在する」と論じた。

 また、日本には旬の食材を使用した「季節限定」の駅弁も多いほか、子ども向けのかわいい駅弁もあると紹介、地方の特産品を使った弁当も含めれば「どれだけ種類があるのかわからないほど」であると称賛。種類が少ないうえに高額で、さらに不味いとされる中国高速鉄道の駅弁は、「日本と比較することすらおこがましい」と伝えている。


5: 2017/01/12(木) 12:35:37.19 ID:R0FbORFf

「不味い」というのが定評
定評なのかw


6: 2017/01/12(木) 12:38:17.55 ID:6DV9gWdk

賞味期限が一年の駅弁は驚いたな・・・


7: 2017/01/12(木) 12:38:50.88 ID:h4DE5bMF

柿の葉寿司のことかな?

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道