外交 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年04月09日

【米中首脳会談】トランプ大統領、夕食会で習近平氏にシリア攻撃を誇示 中国一行は早々に宿舎へ引き返す

1: 2017/04/08(土) 17:48:04.37 ID:CAP_USER

「会談の成果は今のところ全くないけど、仲良くはなれたよ」

 6日午後7時(日本時間7日午前8時)過ぎ。トランプ米大統領は、中国の習近平国家主席夫妻を南部フロリダ州パームビーチの会員制リゾート「マールアラーゴ」に招いて夕食会を開き、報道陣を前に上機嫌でまくし立てた。

 しかし、その時点でトランプ氏は、シリアの空軍基地に対する巡航ミサイル攻撃を命令済みだった。

 米メディアによると、トランプ氏は夕食会の間、国家安全保障会議(NSC)高官から攻撃の進展状況を聞くなど、「重大行動」に取り組む自らの姿を習氏に誇示するように振る舞った。習主席一行は食事が終わるや、早々に宿舎のホテルに引き返したという。

 「後ろ盾」に警告

 トランプ氏はその後、マティス国防長官から戦果について説明を受け、6日午後9時40分(同10時40分)、記者団にシリアへの軍事攻撃を命令したことを正式に発表した。

 「シリアの独裁者であるアサドは、罪もない市民に化学兵器攻撃を行った」「美しい幼児までが野蛮な攻撃で惨殺された」

 怒りをあえて抑えるかのような重々しい口調でアサド政権を厳しく非難したトランプ氏は、最後にこう言明した。

 「米国が正義のために立ち上がる限り、最後には平和と調和が広がっていく」

 トランプ政権はシリア情勢に関し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の撲滅を優先させる立場からアサド政権の存続を容認するかのような発言を繰り返し、国際社会の批判を浴びてきた。(1/2)


http://www.sankei.com/world/news/170408/wor1704080040-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170408/wor1704080040-n2.html


2: 2017/04/08(土) 17:48:50.81 ID:CAP_USER

しかし、トランプ氏は今回、アサド政権が化学兵器を使って多数の自国民を殺害するという「戦争犯罪」に対して「正当な怒り」を表明し、標的を絞った報復攻撃を決然と実行した。

 世界唯一の超大国として「国際正義」を唱導する米国の責任をトランプ政権が決して放棄したわけではないことを示した点で、攻撃の意義は非常に大きい。

 その意味で今回の決断は、国際社会の要請を無視して核・弾道ミサイル開発に邁進(まいしん)する北朝鮮と、その「後ろ盾」として金正恩体制を支える中国に対する重大な警告にもなった。6日に続き7日も行われる米中首脳会談で、トランプ氏はシリアでの成果を背景に習氏に北朝鮮問題などで圧力を強めていくとみられる。

 レーガン氏連想

 今回の攻撃は「米国の対シリア政策の変更を意味しない」(ティラーソン国務長官)。トランプ氏はシリアでの化学兵器攻撃への対応策について、政権高官から幾つかの選択肢を提示され、その中で米国がシリア情勢の泥沼に引きずり込まれる公算が最も小さい限定報復攻撃を選んだといわれる。

 その手法は、1986年の西ベルリン(当時)でのディスコ爆破事件への報復としてカダフィ政権下のリビアを空爆するなど、短期間の軍事作戦による一時的勝利を積み重ねて米国の威信回復を図ったレーガン元大統領の「レーガン・ドクトリン」を連想させる。

 アサド政権打倒を明言しないことの是非は別にして、今回の攻撃で、トランプ政権の外交・安全保障政策に厚みが加わったのは間違いない。(パームビーチ 黒瀬悦成)(2/2)

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外交

【中国】<外交部>教育勅語に銃剣道…日本政府は誤った歴史認識で国民をミスリードするな

1: 2017/04/08(土) 07:19:15.75 ID:CAP_USER

2017年4月5日、中国外交部公式サイトは、同部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官が日本の新しい中学校学習指導要領に銃剣道の記述が加わったことになどついて「誤った歴史認識で国民をミスリードしてはならない」とコメントしたことを伝えた。

5日の記者会見で華報道官は日本メディアから「安倍内閣が憲法や教育基本法に違反しない形で教育勅語を教材に使用することを決定した。このほか、教育当局が中学の体育教育に戦時中の日本兵訓練科目である銃剣道を加えたことで、批判が起きている。中国はこの件についてどう考えるか」との質問を受けた。

これに対して華報道官は「われわれは関連報道に注視している。現在日本が戦争期の教育理念や訓練科目を復活させようとしていることは、人びとに『日本は歴史を逆行させたいのか、再び戦争の道を進みたいのか』との疑問をいや応にも抱かせる。日本は歴史を正視して反省し、歴史的教訓を深くくみ取り、過去の侵略の歴史とは完全に境界線を引いて、誤った歴史認識で国民をミスリードしないようにするとともに、日本が再び軍国主義という危険な方向に進むのを防ぐべきだ」と回答した。(翻訳・編集/川尻)

2017年4月6日 11時20分 Record China
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12898690/


2: 2017/04/08(土) 07:19:55.94 ID:OqbYN+Ju

いやいや、シナチョンほど誤ってないよ(笑)


3: 2017/04/08(土) 07:23:19.36 ID:Xxcp+YUH

社会主義国家に言われてもなw


6: 2017/04/08(土) 07:30:13.53 ID:M51nIiyi

いらんお世話だ
今頃、トランプに締め上げられてる
そっちを心配しろ

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外交

【米中首脳会談】トランプ氏、中国習主席と「傑出した関係」構築 多くの問題乗り越えられる

1: 2017/04/08(土) 04:04:27.13 ID:CAP_USER9

http://jp.mobile.reuters.com/article/marketsNews/idJPKBN1792UJ

[パームビーチ(米フロリダ州) 7日 ロイター] - トランプ米大統領は7日、前日から2日間の日程で始まった中国の習近平国家主席との首脳会談で進展が見られ、米中両国は多くの問題を乗り越えられるとの認識を示した。

トランプ氏は貿易問題や北朝鮮の核開発プログラムなどについて習主席と意見を交換したとし、「米国は中国との関係で目覚しい進展が得られた」と指摘。「これまでに真の進展が見られたが、これからさらに進展させる。習主席との間で傑出した関係を築くことができた」と述べた。

そのうえで「潜在的に非常に悪い問題は解消すると信じている」と語った。

トランプ氏は前週、米国は貿易赤字や雇用の喪失をもはや容認しないとし、習主席との会談は「非常に困難なものになる」と述べていたが、会談2日目となったこの日は論調に変化が見られた。

ただ、中国の通商政策や北朝鮮の核開発問題などについて今回の首脳会談では主だった合意は得られないとの見方が大勢となっている。

2017年 4月 8日 3:45 AM JST

4月7日、トランプ米大統領は前日から2日間の日程で始まった中国の習近平国家主席との首脳会談で進展が見られ、米中両国は多くの問題を乗り越えられるとの認識を示した。写真は同日、習主席と並んで歩くトランプ氏(2017年 ロイター/Carlos Barria)
http://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170407&t=2&i=1179827407&w=640&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPED361FU


2: 2017/04/08(土) 04:06:02.74 ID:Q+6L4S9C0

トランプ「傑出した関係」(トマホークドゴーン)
習「そうアルネ…」


3: 2017/04/08(土) 04:06:20.31 ID:lp4nCUOH0

きんぺーが来てるタイミングでシリアにミサイルぶっ放すなんて中々やるやんけトランプw


5: 2017/04/08(土) 04:07:21.84 ID:yaY8HEWY0

北への空爆は無くなった感じ?

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外交

中国国営メディアが速報、トランプ大統領が習近平主席の招待受け訪中へ

1: 2017/04/07(金) 18:30:16.59 ID:CAP_USER

2017年4月7日、中国国営の新華社は
「米国のトランプ大統領が中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の招待に応じて訪中する」と速報で伝えた。

両首脳は日本時間7日早朝から、フロリダ州パームビーチのトランプ大統領の別荘「マール・ア・ラーゴ」で会談を行っていた。

以下ソース:レコードチャイナ 2017年4月7日(金) 17時20分
http://www.recordchina.co.jp/b174612-s0-c10.html


2: 2017/04/07(金) 18:30:54.62 ID:EvRb2qdX

あ〜あ中国が折れたか


3: 2017/04/07(金) 18:31:56.24 ID:DC4EyL94

屁たれの終菌屁ぇwww


5: 2017/04/07(金) 18:32:45.76 ID:Rpl91uE2

トランプと近平
まずは「キムチ抜きでKorean BBQ(朝鮮焼肉)でもして関係構築だなwwww
no title

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外交

2017年03月09日

王毅・中国外相記者会見 米韓に軍事演習停止呼びかけ THAAD反対も強調 歴史問題では「日本は『心の病』治せ」

1: 2017/03/08(水) 18:24:19.62 ID:CAP_USER

 【北京=西見由章】中国の王毅外相は8日、開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)に合わせて北京で記者会見し、北朝鮮が核・ミサイル開発、米韓両国が大規模な軍事演習をそれぞれ一時的に停止し、交渉に戻るよう呼びかけた。

 王氏は北朝鮮が6日に弾道ミサイルを発射したことについて「国連安保理の制裁決議に違反している」と非難する一方、米韓も大規模演習で北朝鮮への軍事圧力を強めていると指摘。双方が自制して危険な状況を抜け出し、6カ国協議の再開など、交渉による解決を図るべきだと訴えた。

 また米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備について、「中韓関係の最大の問題だ」と重ねて反対を表明。議長国の日本が年内開催を目指す日中韓首脳会談について「3カ国協力の健全な発展を妨げる諸問題を処理しなければならない」と述べ、早期開催は困難との見方を示した。

 日中関係では、今年が国交正常化45年と同時に盧溝橋事件勃発80年でもあると言及。「日本には歴史に逆行しようとする動きもある」と歴史問題を強調し、関係改善には日本が中国の発展を理性的に受け止め、「『心の病』を治すことが必要だ」と主張した。

 南シナ海問題では、法的拘束力のある「行動規範」の枠組みを示す草案が先月末、東南アジア諸国連合(ASEAN)との協議で完成したとし、「得難い安定の機会に再び干渉を受けることは絶対に認められない」と米国を牽制(けんせい)した。

http://www.sankei.com/world/news/170308/wor1703080039-n1.html

no title

記者会見する中国の王毅外相=8日、北京(共同)


3: 2017/03/08(水) 18:25:14.72 ID:x+SgElvV

北朝鮮が喜ぶ事ばかり言いやがって!


4: 2017/03/08(水) 18:25:54.00 ID:0ZDsJNqc

支那はヤクザだな。


6: 2017/03/08(水) 18:26:02.77 ID:1e7FgaBM

腹話術の人形ーお前が言うな

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 外交

王毅外相「日本はまず自らの心の病を治す必要がある」

1: 2017/03/08(水) 15:09:14.88 ID:JiCzPOTA0 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典

中国の王毅(ワンイー)外相は8日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の記者会見で、
今年は日中国交正常化45周年と同時に、日中戦争突入の契機となった盧溝橋事件80年にも
当たると指摘し、「日本には歴史の逆行をたくらむ者もいる。我々は日本と関係改善したいが、
日本はまず自らの心の病を治す必要がある」と主張。歴史認識などをめぐり関係改善の条件が
整っていないとの認識を示した。
http://www.asahi.com/articles/ASK383CQFK38UHBI00T.html


2: 2017/03/08(水) 15:09:49.31 ID:AeWVxczx0

中国人の自己紹介いらんから


3: 2017/03/08(水) 15:10:06.49 ID:0VhNqn/v0

お断り


4: 2017/03/08(水) 15:10:26.41 ID:fsYW5dxQO

中国の正統性は、ファシズムの壊滅に求められる。
中国自身が、ファシズムの言動を繰り返しているが、
中国は、この現況を把握出来ているのか。

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 外交