大気汚染 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年04月06日

【環境省】PM2.5大幅改善 中国の対策進んだ影響か−前年度の2倍近く

1: 2017/04/04(火) 07:39:31.23 ID:CAP_USER9

健康への影響が指摘されている大気汚染物質「PM2.5」の濃度が、平成27年度は全国の観測点の7割以上で国の基準を達成し、前の年度に比べて2倍近くに改善したことがわかりました。
環境省は、中国で大気汚染対策が進んだことなどが影響したと分析しています。

「PM2.5」は、ぜんそくや気管支炎を引き起こすとされる大気汚染物質で、国内の工場や自動車などから排出されるほか、中国大陸から運ばれてくる「越境汚染」の影響も指摘されています。

環境省は、健康を守るために維持することが望ましい基準として、空気中の1立方メートル辺りの濃度を1日の平均で35マイクログラム以下などと定めていますが、
平成27年度は、全国の観測点の75%に当たる570の地点で、この基準を達成したことがわかりました。
これは、前の年度の38%に比べ2倍近くに改善しています。

理由について環境省は、中国国内の大気中の濃度がおととしまでの2年間でおよそ2割減少するなど、大気汚染対策が進んだことや、
平成27年の4月ごろは全国的に南寄りの風が吹きやすく、中国から「PM2.5」が運ばれにくい気象条件だったことなどを挙げています。

一方で、中国に近い九州北部や瀬戸内海沿岸では、依然として達成率が低いことから、環境省は引き続き、中国との技術協力などを通じて対策を進めることにしています。

配信 4月4日 5時29分


NHK NEWS WEB ニュースサイトを読む(動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170404/k10010936021000.html?utm_int=news_contents_news-main_005


2: 2017/04/04(火) 07:43:01.26 ID:KMCQkArh0

風向きの影響は?


4: 2017/04/04(火) 07:43:45.99 ID:p9FJHekp0

風向きだけじゃん


5: 2017/04/04(火) 07:44:25.45 ID:jVgif9MD0

相変わらず車泥だらけになるよ@中四国地方

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大気汚染

2017年03月23日

「日韓国民が中国の大気汚染拡散に不満を示しています」の指摘に、中国外交部がコメント

1: 2017/03/22(水) 19:09:11.55 ID:CAP_USER

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=172946&ph=0

2017年3月21日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例記者会見で「日本や韓国に大気汚染の影響を及ぼしているかについては、科学的な検証が必要」とコメントした。

会見で記者から「近ごろ韓国や日本の市民が、自国に中国の大気汚染が拡散しているとして不満を示している」との質問を受けた華報道官は「大気汚染問題は確かに現在中国政府が力を入れている問題だ。できるだけ早く中国国民が青い空ときれいな空気をより多く享受できるよう努力する姿勢は決して揺るがないが、この問題の解決には長い道のりが必要だ」と発言。

さらに「中国の大気汚染が周辺国に影響しているかについては、科学的かつ専門的な研究や検証を行わなければならない。環境保護当局に直接聞いて欲しい。わが国の環境保護当局は周辺の隣国を含めた他国と密接なコミュニケーションを取っているようだ。われわれは国際的な対話と協力を強めることで、環境保護や汚染対策の分野でより多くの、より速やかな進展が得られることを願っている」と回答した。


3: 2017/03/22(水) 19:11:50.88 ID:CjX9sqQR

大気だけじゃないから


5: 2017/03/22(水) 19:13:39.13 ID:Ag1NCVRZ

>>1
まじめな話してるところにチョンを混ぜるなよ


31: 2017/03/22(水) 19:27:17.27 ID:8Lp5QzFU

>>5
逆かな?チョンが日本を混ぜたんだと思うよ。

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大気汚染

2017年03月15日

【中国】「わが国に青空を取り戻す」 首相宣言も北京の青空は10年お預け 石炭使用削減は困難

1: 2017/03/14(火) 05:58:48.00 ID:CAP_USER

 中国で開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で李克強首相は開幕日の5日、政府活動報告で「わが国に青空を取り戻す」と表明し、相変わらず大気汚染に見舞われている国民に期待を抱かせた。

 だが研究者や環境保護活動家らは、首相の野心が現実のものとなるのにまだ10年以上かかると予測する。

◆環境と景気の両立

 李首相が活動報告を読み上げたこの日、北京の空は実際かなりきれいだった。微風があったほか、中国メディアが「全人代ブルー」と呼ぶ青空のおかげだ。毎年、10日間ほどのこの全人代期間には空気の比較的きれいな状況が続いている。

 ポールソン研究所の調査担当アソシエートディレクター、アンダーズ・ホーブ氏は「空気の質改善が続いたとしても、天候要因に加え、中国北部一帯で冬季の暖房用の石炭使用を減らすのが困難である」ことを挙げ、「北京や他の主要都市では冬場のひどい大気汚染が続く」との見方を示した。

 環境保護団体グリーンピース東アジアは、2013年から16年にかけての汚染減少ペースからすると、北京市民が青空を楽しめるようになるにはあと約10年必要だと手厳しい。問題は北京だけではない。

 グリーンピースのデータによると、調査対象の366都市の約74%は大気の質が公式基準を満たしていない。

 李首相は大気汚染対策に取り組む構えだが、減速する景気の下支えと環境保護という両立の難しい目標を同時に追求しなければならず、状況は複雑だ。

 ホーブ氏は「大気汚染は慢性疾患などを引き起こし、膨大な経済的損失につながる。大気汚染対策は長期的な経済発展に関わる課題だ」と主張する。

 社会的に環境問題に対する関心が高まる一方、環境規制の違反リスクを冒す企業も多い。中国中央テレビ(CCTV)の1月の報道によれば、500社を超える企業が規則違反で処罰された。

 この背景について、北京の環境保護団体、公衆環境研究センター(IPE)の創設者、馬軍氏は「規則違反に伴う代償は比較的小さい。重大な環境問題が発生しない限り経済成長目標の達成を重視する地方政府当局者がいまだにたくさんいる」と説明する。

 グリーンピース東アジアのドン・リアンサイ氏も「下級レベルでは環境政策の遂行にあたり多くの抜け穴が存在する」と話す。

◆再生エネシフトも

 李首相の構想の一つには、24時間態勢の産業公害の監視がある。企業に明確な排出目標達成の期限を設け、期限までに目標を達成できない企業は操業停止になる見通し。

 ドン氏は「企業の環境汚染物質の排出量について理解し、違反企業への制裁金を引き上げることで、企業の自発的な基準達成を促すべきだ」と提案する。

 野村ホールディングスのアジア太平洋地域石油・ガス調査責任者のゴードン・クワン氏は「中国では大気の品質が最大の争点になっている。昨冬の大気汚染もひどく、中国政府は太陽光、風力といった再生可能エネルギーによる発電やLNG火力発電へのシフトを強く望んでいる」と指摘する。

 石炭は現在も中国の主要なエネルギー源で、16年の中国の全エネルギー消費量の約6割を占めた。

 一方、中国政府は昨年には、非化石燃料の全体に占める割合は、2.3ポイント増の14.3%に上昇したと発表している。世界最大の二酸化炭素(CO2)排出国である中国は、20年までに再生可能エネルギーに2兆5000億元(約41兆6000億円)を投じ、1300万人の雇用創出を目指している。

 ホーブ氏は「技術の進歩により大気汚染対策は急速に進むだろうが、それでも中国が国際的な環境基準を達成するのは数年あるいは数十年先になりそうだ」と冷ややかに見ている。(ブルームバーグ Feifei Shen)

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170314/mcb1703140500016-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170314/mcb1703140500016-n2.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170314/mcb1703140500016-n3.htm

no title

防塵マスクを付けて北京市内を歩く男性(ブルームバーグ)


2: 2017/03/14(火) 06:03:27.00 ID:ER9P++Le

空にペンキは塗れないからなあ


8: 2017/03/14(火) 06:30:56.90 ID:bvFIiG7y

>>2 塗れても暗くなるだけかと


17: 2017/03/14(火) 07:13:46.01 ID:IsHz1/eW

>>2
青い霧を噴霧すれば良いのではないだろうか?

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大気汚染

2017年02月08日

中国人は大丈夫か!?スモッグは肺だけでなく大脳にもダメージ―英研究グループ

1: 2017/02/07(火) 15:39:51.16 ID:CAP_USER

2017年2月6日、健康時報によると、大気汚染が肺ばかりでなく大脳にまで影響を及ぼし、アルツハイマー病を引き起こすリスクを高めるとの最新研究結果が、英国の研究グループから発表された。

英ランカスター大学のバーバラ・メイハー教授とその研究グループはこのほど「米国科学アカデミー紀要」に最新の研究結果を発表。

アルツハイマーなど神経変性疾患と関連がある激しい酸化を引き起こす原因の一つとされる鉄の酸化物が、大気汚染スモッグに大量に含まれていることを発見した。

研究グループのメンバーであるデイビッド・オルソップ氏は「大気汚染がアルツハイマーを引き起こす重要な危険因子である」と考えているという。

また、米シカゴのラッシュ大学医学センターの研究グループは以前、約1万9000人の高齢女性の記憶能力や居住地域に関する比較研究を行い、大気汚染が激しい地域の被験者は認知能力の低下が著しかったとの結果を発表している。

陝西省人民医院神経内科の主任医師である李鋭(リー・ルイ)氏は、スモッグによる大脳への影響を軽減させるには人通りの多い場所に行かない、汚染が激しい時には外出を控える、屋内に空気清浄機を設置するといった汚染対策が必要と説明。

同時に、身体を鍛えることや各種の習い事、社会活動への参加によって脳を活性化することも認知症予防に役立つとした。


Record china 配信日時:2017年2月7日(翻訳・編集/川尻)
http://www.recordchina.co.jp/a162902.html


2: 2017/02/07(火) 15:40:12.58 ID:nulUSm7s

中国人だから大丈夫なんですよ。


3: 2017/02/07(火) 15:40:45.93 ID:9u96AYmu

別に対して変わんないと思う


4: 2017/02/07(火) 15:42:33.38 ID:/OtKy1nC

もう手遅れです

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大気汚染

2017年02月02日

中国でペットボトル入りの空気販売 北京、深刻な大気汚染

1: 2017/01/31(火) 12:25:06.69 ID:CAP_USER

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00010009-nishinpc-int
西日本新聞 1/31(火) 12:09配信

 北京の2017年は、深刻な大気汚染で幕を開けた。街は真っ白なスモッグで覆われ、ホラー映画のようだ。

 最近、街頭に登場したのが「霧砲車」。中国紙によると、上空百メートル付近まで水を噴射し、微小粒子状物質「PM2・5」の濃度を和らげるという。市当局が1台約70万元(1200万円程度)で購入した。当初は「神器」と騒がれたが、専門家から「ホコリを抑える機能ぐらいしかない」と批判を浴びてしまった。

 当局も対策アピールに必死なのだろう。路上の屋台が出す煙が良くないと、「バーベキュー禁止令」も出した。屋台を営む河南省出身の出稼ぎ女性(48)はぼやく。「取り締まりがうるさくて。でも私たち、ほかに食べていけないのよ」

 原因は暖房に使う石炭消費に加え、工場の排出する汚染物質や排ガス、地形や気象条件が絡む。数値的には改善傾向にあるというが、庶民に実感はない。

 もっとも、どんなに深刻でもおかしみを見いだそうとするのが中国の人々。昨年末には、日本のアニメ映画「君の名は。」ポスターのパロディー画像がソーシャルメディアで飛び交った。真っ青な空を灰色に加工し、主人公たちがかすんで見えないようにしたものだ。

 そんなふうに笑い話にしてしまうから、官民挙げた対策が進まないんだ、とは言えない。子どもの健康を心配し、日々我慢しているのは庶民なのだから。

 ペットボトル入りの空気が先日、売り出された。ニュージーランド産と称する商品は215元(3600円程度)。180回分、空気を吸えるのだとか。これも笑うためだと思いたい。


2: 2017/01/31(火) 12:26:51.41 ID:/xFmEj/v

人民がちっとも外で呼吸しないから綺麗にならないアル


3: 2017/01/31(火) 12:27:19.65 ID:IKL21a0C

それも偽物


4: 2017/01/31(火) 12:27:20.65 ID:FZzJnona

随分前にも似た話があったと思うが。当時は缶だったかな。

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大気汚染

2017年01月16日

灰色の瞳、ガスマスクの口…変容した人の姿「スモッグ人」 中国当局は検閲強化(画像あり)

1: 2017/01/15(日) 11:26:06.67 ID:CAP_USER9

スモッグ人は、長期にわたりスモッグの環境下に生活した現代人が様態を変異させたもの。(視界が極度に悪くなる)重度のスモッグでも回りが見えるように、瞳孔は灰色。鼻と口はタービンとなっているため大量のスモッグを吸い込んでも浄化することができ、あごの両端の排気口から排気を出す。スモッグ人は中国本土の大半の地域に生息し、特に北京や天津付近に多く生息する。

スモッグに対する抗議活動も発生している。2016年12月には成都の住民が政府の環境対策への不満を表すために彫像にマスクをかけた。「スモッグ人」事件と同様、抗議活動は鎮圧され、警察に連行された人もいる。

(全文を読む)
http://www.epochtimes.jp/2017/01/26657.html


8: 2017/01/15(日) 11:28:34.84 ID:Y4jOxv1A0

>>1
画像貼れよ無能
no title


13: 2017/01/15(日) 11:30:51.93 ID:GpmQlL0yO

>>8
口の横のぶつぶつが、集合体恐怖症の自分には耐え難い。


2: 2017/01/15(日) 11:26:47.59 ID:ynvYZ4av0

森の人じゃん


4: 2017/01/15(日) 11:27:53.30 ID:g7ecA9ft0

隣接する朝鮮半島の北朝鮮や韓国も汚染酷いだろうな。南無

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大気汚染