民度 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2016年11月13日

【中国】上海ディズニーの周辺エリアで大変なことが!観賞用の花が次々盗まれる

1: 2016/11/11(金) 18:28:32.14 ID:CAP_USER

no title


2016年11月11日、澎湃新聞によると、今年6月にグランドオープンした中国・上海ディズニーランドの周辺エリアで、植えられている花が次々と盗まれるという問題が起きている。

同市公安局浦東分局は10日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を通して「複数回にわたって花を盗んだとみられる容疑者2人をこのほど逮捕した」と発表した。逮捕されたのは中年の夫婦で、2人には植えられていた「ユリオプスデージー」150キロを盗んだ疑いが持たれている。夫の方は「10月下旬から深夜に車で現地に行くようになった。直近では1度に2500株ほど刈った。手に入れた花は近くの街で販売する計画だった」などと説明。現地ではほかにも9月下旬から今月上旬にかけて同様の容疑で十数人が逮捕されており、被害金額はおよそ30万元(約470万円)に。警察関係者の1人は「どの容疑者も大きな袋いっぱいに花を詰めて持ち去っている。その重さは100〜150キロに上る」とコメントしている。(翻訳・編集/野谷)

http://www.recordchina.co.jp/a154888.html


2: 2016/11/11(金) 18:30:39.45 ID:i5+DUVA4

流石支那人


4: 2016/11/11(金) 18:31:38.10 ID:J5LCyTWA

民度だわー


5: 2016/11/11(金) 18:31:41.60 ID:OsmQ8ROD

上海の日常。
でもユリオプスデージーは盗むほどの花ではないと思うが。

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

2016年11月12日

【中国】トラックが横転しミカン散乱、強奪する住民止めた運転手が殴られる

1: 2016/11/11(金) 18:32:46.40 ID:CAP_USER

no title


2016年11月9日、中国ではトラックが道路で横転すると、散らばった積荷を周辺住民が強奪するトラブルがたびたび発生している。6日には江西省宜春市でミカンを積んだトラックが横転し積荷が散乱。勝手に持ち去る住民につかみかかる運転手が暴行を受ける騒動に発展した。揚子晩報が伝えた。

運転手によると、運転中にトラックの後部がふらつきハンドルが取られガードレールに衝突した。トラックはそのまま横転し、積荷のミカンが散乱した。知らせを聞きつけた周辺住民は「ミカンの回収を手伝う」と拾っていたが、そのうち勝手に持ち去り始めた。

中にはかごごと持ち去ろうとする者も現れ、制止しても耳を貸さないことに憤慨した運転手がこぶしを振り上げると、別の住民も加わり運転手に暴行を加えた。トラックには1万元(約15万円)余りのミカンが積まれていたが、残ったのはわずかだったという。

住民らの強奪に加え、運転手は10月末に借金して買ったばかりのトラックで長距離移動は初めてだったと語っており、落胆してうずくまり涙を流していた。(翻訳・編集/内山)

http://www.recordchina.co.jp/a154708.html
http://videoclip.club/post-15807/

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=jltaE2DWNj4



3: 2016/11/11(金) 18:35:23.61 ID:CmYKeTye

民度ひっく


4: 2016/11/11(金) 18:36:18.77 ID:sKfJi9Ut

中国サルらしいニュース


5: 2016/11/11(金) 18:36:36.91 ID:kkjO8nJs

強盗じゃん

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

2016年11月09日

【日常】「あんたのせいで転んだ!」=中国のおばちゃん、助けてくれた少女に金を要求―広東省

1: 2016/11/08(火) 07:26:18.57 ID:CAP_USER

2016年11月7日、澎湃新聞によると、中国広東省で先ごろ、道に倒れた中年女性を助け起こした12歳くらいの少女が相手から金をゆすられるという騒動が起きた。

この騒動が起きたのは同省湛江市に属する廉江市の大通り。当時、少女も女性も自転車に乗っており、すれ違った女性が道の上で倒れていることに気が付いた少女は女性を助け起こした上、路上に散らばった女性の荷物を拾い集めた。

しかし、女性は礼を言うどころか少女の体をつかんで「あんたのせいで転倒した」と金を要求。

この様子を近くの喫茶店から目撃した男性は女性に対して「自分で勝手に転んだのを見た。この子は関係ない」と反論し、ぼう然とする少女に現場から離れるよう指示、女性には他の通行人からも「助けてくれた子どもにこんな言いがかりをつけるとは」「良心はあるのか」など非難の声が上がった。

中国ではこの少女のように、倒れた人を助け起こしてトラブルに巻き込まれるケースが多発しており、困っている人に手を差し伸べることをためらう人も多いようだ。

今回の騒動に中国のネット上には「厳罰を科すべき」「目撃者がいたから助かったが、もし誰も見ていなかったらどうする」「子どもに人助けの尊さを教えられない」などの意見が寄せられている。


Record china 配信日時:2016年11月8日(翻訳・編集/野谷)
http://www.recordchina.co.jp/a154480.html


3: 2016/11/08(火) 07:28:07.83 ID:/kVIz8PW

中国文化


4: 2016/11/08(火) 07:28:35.81 ID:/bNjom5R

支那のドブエ


6: 2016/11/08(火) 07:29:01.84 ID:r/qaT+cY

何回目だ此れで傍観者だらけになるぞ

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

2016年10月31日

【中国】この民度、恐るべし!日本の小学生が車に向かってお辞儀をした「本当の意味」

1: 2016/10/30(日) 06:54:29.01 ID:CAP_USER

2016年10月22日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「島国の小学生が道を渡る、この民度、恐るべし!」と題する記事が掲載された。

記事は冒頭、中国でこれまで何度も繰り返し転載されてきた、30秒ほどのある動画を紹介する。それは、日本の自動車に設置されたドライブレコーダーの映像で、横断歩道を渡りきった小学生たちが、振り返って自動車に向かってお辞儀をするという内容だ。この映像が転載されるたびに、中国のネットユーザーからは「なんて礼儀正しいんだ!」といった称賛の声が上がる。

ただ、映像をよく見ると一つの疑問が生じる。小学生たちが横断しているのは信号機があるところで、歩行者側の信号機が青になっている。つまり、赤信号で停車している車に向かってお辞儀をする必要はないのではないか、ということだ。しかし、記事はこの映像の「本当の意味」を紹介する。さらに映像をよく見ると、道路脇の電柱には黄色い機械が設置されているのがわかる。これは押しボタン式の信号機だ。

記事は、あまりなじみのない中国人に向けて、「人通りが少ない道路では自動車の往来をスムーズにするために信号をずっと青にしておき、歩行者がボタンを押した時だけ信号が変わるようになっている」と紹介。「これがわかれば、道路を横断した小学生がお辞儀をした意味を理解するのは難しくない。自分たちが横断するために信号を変えたことで車を待たせてしまったという、謝罪と感謝の意味があるのだ」と解説している。

さらに、「どのように教育すれば、まだわんぱくな時期であるはずの小学生が、これほど自覚を持ち、礼儀正しくなるのだろうか」と疑問を提起。その答えとして挙げるのが、「幼いからといって甘やかさない」こと。子どもが幼いことを口実に迷惑行為も叱らない中国の親とは異なり、公共の場所でのマナーについて子どもに根気よく教える。そうした両親の影響と社会の雰囲気のもとで成長した子どもたちは、誰かに見られていなくとも礼儀正しい行動を取るのだ、と記事は指摘している。

このほかにも、「日本の学校教育では道徳の授業が重視され、まず人としてどうあるべきかを教え、それから文化を教えているが、中国ではテストや成績のための授業になっている」とその違いを論じた。そして最後に、「日本の交通事故発生率は世界でも低い。これは幼少期にきちんとした教育を施していることと関係がある。もしあなたに子どもがいるなら、あなたもこういう教育を子どもにすべきだと思いませんか?」と問いかけている。(翻訳・編集/北田)

http://www.recordchina.co.jp/a153819.html


3: 2016/10/30(日) 06:58:20.07 ID:VjHeLMbT

そういう日本人の美徳、道徳を、左翼教師が破壊しようとしている


29: 2016/10/30(日) 07:53:33.09 ID:eBwy0rLL

>>3
戦後ずっと日教組は道徳の授業を拒否してきたよ
バカ親に育てられる子供にはマナーを学ぶ機会は学校しかないのに


39: 2016/10/30(日) 08:21:27.56 ID:MGT4hJyJ

>>29
日教組が必死で教えようとするのは、「にんげん」だけだったな。春休みになったら、ビリビリに破いて捨てたわ、あの気持ち悪いプロパガンダ誌。

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

【中国】日本のゴミ分別を体験、その厳格さはもはや「人を激怒させるレベル」

1: 2016/10/29(土) 19:13:56.22 ID:CAP_USER

 中国では大きなほうきを持った清掃員が街の清掃に「一日中」従事している。こうした清掃員は日本では見られないが、それでも日本旅行を通じて「日本の街は中国より圧倒的に清潔」であることに感動する中国人は非常に多い。

 中国メディアのFT中文網は18日付で、中国人の眼に映る日本の印象やイメージは「人それぞれ」だとしても、「日本が非常に清潔である」という共通認識は間違いなく存在すると説明。日本で3カ月間にわたって生活したという中国人の見解として「厳格なゴミ分別」が日本を非常に清潔に保っていると紹介している。

 記事は、日本で暮らした中国人の手記として、まず部屋の賃貸契約をした際に不動産業者から「ゴミ分別の説明書」を受け取ったと紹介。「もし日本に来て実際に生活しなければ、日本人のゴミ分別の厳格さを理解することはできない」と説明する一方で、日本のゴミ分別の厳格さと面倒さは「人を激怒させるレベル」だと表現、「この厳格なゴミ分別こそが日本の清潔さを成立させている」という見方を示した。

 実際に経験しなければ「日本のゴミ分別の厳格さを本当には理解することはできない」という記事の説明は、まさに本心であり、心からの正直な感想なのだろう。中国のゴミ分別は一般的にはリサイクル可能なゴミ、生ゴミ、有害ゴミ、その他のゴミの4種だが、中国の人びとは実生活でこの4種さえ分別していないのが現状だ。

 中国の各マンションにはそれぞれゴミ出しの場所が決められているが、その場所は24時間365日、どのようなゴミでも出して良いことになっている。こうした生活環境に慣れ親しんだ中国人が日本のゴミ分別を経験すれば、おそらくほとんどすべての人が「日本のゴミ分別の厳格さと面倒さは人を激怒させるレベル」と感じるに違いない。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1621902?page=1


2: 2016/10/29(土) 19:16:24.40 ID:vYrrxve7

土人さんじゃ無理^^


3: 2016/10/29(土) 19:17:30.25 ID:oRe7bj40

中国人ははっきりいってめちゃくちゃな出し方だからな
1リットル紙パックをそのまま捨ててるわ


4: 2016/10/29(土) 19:17:36.58 ID:qCBvgzED

日本国に特亜人は不要です!

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

2016年10月24日

日本観光に来た中国人夫婦 ホテルにあったトイレの便器の蓋を持ち帰りネットで袋叩き

1: 2016/10/23(日) 04:58:41.58 ID:sljNaV1X0● BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典

【簡単に説明すると】
・中国人夫婦が日本のホテルのトイレの便器の蓋を持って帰る
・後日郵送で返送
・「前の宿泊客が置いて帰った」といいわけ

とある中国人夫婦が日本に観光旅行に来た際に止まったホテルからトイレの蓋をコッソリ持って帰ってきてしまい
ネットユーザーから袋だたきにあっている。

20日中国メディアによると、ネット旅行代理店のツニュ(途牛 tuniu.com)を介して17日〜22日の日程で
中国人による日本の団体旅行が行われた。泊まったのは名古屋のホテルでホテルの部屋に置いてあった予備の便器の蓋を
持って来てしまったのだ。
客が帰った後にトイレの蓋がなくなっていることを知ったホテル側が警察に通報し、ガイドが連絡を受け
「そんなわけないでしょ?」と口論になった。ガイドは事実を確認した後、日郵便で便器の蓋をホテルに送る羽目になった。
つまり中国人宿泊客が予備の便器の蓋を持ち帰っていたのだ。

トイレの蓋を持ち帰った中国人は「以前に泊まった客が置いて行ったものだと思った」「小さな欲にホテルや旅行代理店に
迷惑をかけた。反省している」と明かした。このニュースが伝えられると中国ネットユーザーは「よりによってトイレのふたかよ!」と
猛バッシング。

中国人観光客が持っていったトイレの蓋は、ホテル側が交換用に予備として箱の中に入れて置いといたものであった。

事件の直後、観光関連部門と旅行代理店に団体旅行客を相手に、出発前の教育を強化し、
現地の法律や習慣の説明会を開催してほしいと指示。またみっともない客はブラックリストに載せ
制裁し旅行会社とガイドも共同責任となると強調した。

http://gogotsu.com/archives/22689
no title

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度