民度 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年05月14日

なぜだ・・・中国ではトラックの過積載が常識なのに、どうして外国では誰もやらない

1: 2017/05/13(土) 14:14:32.10 ID:CAP_USER

中国に行くと、過積載のトラックを当たり前のように見かける。郊外に行くほど過積載ぶりはエスカレートし、曲芸のような乗せっぷりや、重すぎてタイヤが半分潰れているものを目撃することもある。

さらに、路肩にひっくり返っているトラックにお目にかかることもあるが、これだけ積んでいれば無理もないといった感じだ。

中国メディア・今日頭条は9日、「どうして外国のトラック運転手は過積載しないのか」とする記事を掲載した。

記事は、荷主と警察の間に挟まれながら過積載を余儀なくされて疲弊する中国のトラック運転手に対し、米国や韓国、ドイツ、そして、日本では全くと言っていいほど過積載が見られないことを紹介したうえで、その理由について説明している。

まず米国については、過積載をすれば罰金処分を受けるほかにブラックリストに記載され、信用も失うことで業務に支障をきたすことになると紹介。

韓国では過積載のトラック運転手あるいは過積載の運転を強要した者に対して1年以下の懲役と罰金が科されることになるほか、ひとたび過積載が見つかると直接裁判所に引き渡されて法的処罰が下されるとした。

ドイツについては1万1000キロメートルの高速道路上に700カ所余り過積載検査所が設置されており、1度目の違反では警告、2回目では3カ月の営業停止、そして、1年以内に3回以上違反をすると運転免許が取り消されるとともに生涯ドライバーの仕事ができなくなると紹介している。

そして日本については、高速道路の料金所に電子秤を設置する、大型トラックに貨物の自動重量測定器を設置するといった先進技術が採用されているほか、1つの違反に対して荷主、輸送会社、運転手の全てを罰する方式が採用されているため、過積載のリスクを冒す業者や運転手がほとんどいないことを説明した。

記事は「外国には整った政策や制度があり、外国のトラック運転手の幸福感は明らかにわが国より高い。市場経済の整備が進み、過積載対策が強化されるにつれ、わが国の運転手の幸福感も高まることを信じたい」と結んでいる。

日本をはじめとする国々からすればそもそも「どうしてそんなバカバカしい質問が出てくるのか」と思うかもしれない。

しかし、中国には、まだまだ「当たり前であるべきこと」が当たり前でないことが数多く存在するのだ。

曲芸のような過積載トラックをなくすには、厳しい監視とペナルティの徹底が必要だ。

サーチナ
http://news.searchina.net/id/1635608?page=1
no title


2: 2017/05/13(土) 14:15:57.36 ID:RVLsziDU

過積載やると壊れるだろw
そっちのほうが高くつくんじゃねw?


10: 2017/05/13(土) 14:21:01.09 ID:cgs+qyOX

>>2
目先の事しか考えていないから。


3: 2017/05/13(土) 14:16:01.77 ID:7ipkWtjv

危ないからな

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

2017年05月06日

【中国】日本人の「不用心さ」に驚く!日本人はなぜモノを盗まないのか

1: 2017/05/05(金) 03:24:04.09 ID:CAP_USER

 多くの中国人は、日本に来ると日本人の「不用心さ」に驚くようだ。日本では鞄からスマホなどの貴重品が見えていたり、ズボンのポケットに財布を入れていたりする人を見かけることがあるが、日本でスリに遭うことはそう多くはない。

 これらは日本の治安の良さを示す事例ではあるが、日本では中国に比べて窃盗事件やスリの被害に遭う可能性は低いと言えるだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人はなぜモノを盗まないのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、日本と中国の窃盗に関する違いを分析する記事を掲載した。

 記事は、日本人は性善説に基づいて暮らしており、「自分が盗まないから、ほかの人も盗まないと思っている」という見方があることを紹介。しかし、日本には本当に「泥棒がいない」のだろうか。記事は、日本に泥棒がいないわけではないが「非常に少ない」とし、その理由について、日本では貧富の差がとても小さく、学生のアルバイトでも中国のホワイトカラーより多く稼げるからだと分析した。
 別の理由として、「法律」の厳しさを指摘した。例えば、ある寺の無縁地蔵前に置かれていた賽銭10円を盗んだという罪で、1年の実刑判決が下った実例があると紹介。日本では、窃盗罪に対して10年以下の懲役または50万円以下の罰金が処せられることになっているものの、こうしたケースでの実刑判決はまれな例と言えるが、たとえ10円でも窃盗は窃盗ということだろう。

 記事は、「日本では窃盗罪に対する処罰が相当重い」、また「日本人の窃盗という行為への一切許容しない態度」が表れていると結論付け、「窃盗行為が盛んな」中国は、日本に学ぶべきだとした。

 中国の窃盗関連の犯罪はあまりに日常的で、その技術も高い。中国と比べたら、日本は泥棒のいない天国だと感じるのも当然だろう。まずは、たとえ少額であっても窃盗は犯罪であることを自覚するところから始めるべきなのかもしれない。
searchina
2017-05-04 22:12
http://news.searchina.net/id/1635052?page=1


2: 2017/05/05(金) 03:25:51.38 ID:02i40WiG

中国人じゃないからだよ


4: 2017/05/05(金) 03:26:47.66 ID:8EBCadV5

色々書いてるけどモラルに関しては一切ないのか


5: 2017/05/05(金) 03:28:10.19 ID:FXtzJAzl

基本的に他人を尊重できないよね
こいつら

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

2017年04月09日

日本の新幹線を利用した中国人が驚き「誰も大声で騒いでいない」

1: 2017/04/08(土) 19:14:34.91 ID:CAP_USER

■日本の新幹線を利用した中国人が驚き「誰も大声で騒いでいない」

中国では何かにつけて中国高速鉄道と新幹線を比較する報道が多いが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人旅行客が日本で撮影したという動画を掲載し、新幹線に実際に乗車してみて感じた「中国高速鉄道との違い」について紹介する記事を掲載した。

記事がまず指摘したのは、新幹線の駅構内が「秩序正しく、誰一人として大声で騒いでいない」ことだ。

人の流れはひっきりなしにあるにもかかわらず、聞こえてくるのは「足音」だけで、多くの利用客が駅構内にいるとは思えないほど静かだ。

また、中国では地下鉄に乗るにも高速鉄道に乗るにも手荷物検査が必要だが、日本ではその必要がないことにも衝撃を受けたようだ。

日本の駅では、改札口以外には駅員どころか警備員も見当たらないが、中国ではこうした公共の場所の警備がどんどん厳しくなっており、ライフルを持った警官が数人一組で見回りをしているのも珍しい光景ではない。

いかに中国の社会情勢が不安定で、治安にリスクがあるかを示す光景と言えるが、日本では新幹線という経済にとって重要な交通インフラでも厳重な警備が必要ないということは、それだけ日本の治安が良いということでもあるだろう。

では、乗車時に気が付いた違いとはどんな点だろうか。

記事は、「まだ降りていないのに乗り込んでくる人」は見られず、降りる客を優先させる日本人の乗車マナーの高さを称賛した。

さらに新幹線の車内では「中国のおばさん」のように大声でおしゃべりする人はおらず、車内でお菓子を食べる、物乞いをする、歌を歌ってお金を要求する人もいないと指摘。

本や新聞を読んでいる乗客が多く、携帯電話やスマートフォンを触っている人が意外に少ないことも驚きだったと伝えた。

そして最後に強調したのが、新幹線では先を争うように座席を取り合う人が「まったくいなかった」ということだ。

中国ではバスでも地下鉄でも、空いている座席を確保するために、まだ乗客が降りきっていないのに車両に無理やり乗り込もうとする人がいるが、このようなマナー違反をする人は新幹線はもちろん、日本ではまったく見られなかったことに衝撃を受けたようだ。

中国は、高速鉄道の総延長距離や営業速度といった数字を誇りにしているが乗客が気持ち良く利用できるかどうかはより重要なことだ。

この点で日本は、まだまだ中国の先を行っていると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメーシ゛写真提供:(C)Sakarin Sawasdinaka/123RF.COM)

ソース サーチナ
http://news.livedoor.com/article/detail/12907909/
no title


2: 2017/04/08(土) 19:16:44.97 ID:/FnB/Nkw

騒いだら新幹線車内に装備されたレーザーで処刑れますから


3: 2017/04/08(土) 19:17:29.42 ID:bSQpvY4y

新幹線はともかく、40年前の在来線なら似たようなもん。


4: 2017/04/08(土) 19:17:51.30 ID:XOLoHITt

修学旅行の電車に乗ると騒いでるかもな

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

2017年03月20日

なぜ違うんだ! 横断歩道で信号を守る日本人、信号を無視する中国人

1: 2017/03/19(日) 01:35:32.35 ID:nZ5WwTZ10 BE:822935798-PLT(12345) ポイント特典

なぜ違うんだ! 横断歩道で信号を守る日本人、信号を無視する中国人

中国を訪れたことのある人ならば、中国人歩行者がいかに信号を守らないか、よく知っているだろう。信号があろうとなかろうと、信号の色が何色であろうと、中国ではお構いなしで道路を横断していく人は少なくない。
反対に、日本を訪れた中国人のなかには「日本人は信号を守る国民」だと感じる人も多いようだが、実際に日本では道路を横断するときには信号を守り、青信号になってから渡り始める人が大半だと言えるだろう。

中国メディアの今日頭条は16日、日本人が信号を守るという事実を認めつつ、「日本人が赤信号で道路を渡らないのは、過失割合で不利になることを恐れているためではない」と指摘する記事を掲載した。
記事は、日本では歩行者が赤信号の時に道路に飛び出し、事故に遭ったとしても過失割合が0対10になるわけではないと指摘。
日本人歩行者が信号を無視しないのは「事故後の保障などで不利になることを恐れているわけではない」とし、あくまでも別の理由があるとの見方を示した。

では、信号を守るかどうかという行動を左右するのは、一体どのような要素だろうか。
中国人ネットユーザーからは「日本人と中国人は何と言っても民度が違う」という意見が見られ、中国人の間では「日本人はルールを守る国民」というイメージがあるようだ。
一方、中国人が信号を無視する理由については「中国では法律やルールを守る人はいつもバカを見ることになる。だから誰もルールを守らない」といった声が寄せられていた。
http://news.searchina.net/id/1629511


2: 2017/03/19(日) 01:36:57.96 ID:qjVAla8v0

そりゃおめー遺伝子の違いと教育の違いよ!


3: 2017/03/19(日) 01:37:05.13 ID:z+FxkMj/0

ルールを守るのと危険回避とめんどくさいからと思考停止してるのがミックスされてるだけ


5: 2017/03/19(日) 01:39:10.70 ID:a56B/Y2x0

日本も都心部で平気で信号無視してんぞ
アイツラ全員轢き殺されねーかな

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

2017年03月02日

中国の湖で魚の放生イベント 放流後すぐに市民が群がり乱獲 スタッフの制止も無視

1: 2017/03/01(水) 18:55:16.17 ID:tfYdIu040 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典

中国の湖で魚を放生、すぐに市民が群がり乱獲=中国ネット「恥ずかしい」「これが伝説の中国式放生か」

2017年2月28日、騰訊網によると、安徽省淮北市の南湖で行われた魚の放生イベントで、放流されたばかりの魚を市民が競って捕まえる一幕が繰り広げられた。

ネットユーザーからの情報によると、2月26日午後に同市の南湖湿地公園で、現地では初めての「魚放生祭り」が行われた。
祭りではコイ科のハクレンが入った大きな容器がいくつか用意された。ハクレンは中国で古くから広く養殖、食用されてきた「中国四大家魚」の1つだ。

スタッフが魚を湖に放した途端、その様子を見守っていた多くの市民が一斉に手や網で魚を捕まえ始めた。
市民らはやめるよう勧告を受けても全く意に介さず、目の前のハクレンを追いかけていたという。

中国のネットユーザーからは「恥知らず」「モラルがない。放生祭りじゃなくて乱獲祭りだ」
「まだ小さいのに捕まえてどうする」「こういうモラルのない人が中国から早くいなくなることを願う」
「これが伝説の『中国式放生』か」「それならもう放流する前に配っちゃえよ」といったコメントが寄せられた。
また、一部のユーザーからは「捕まえるのはお金で買うより楽しいんだよな」という感想も見られた。

http://www.recordchina.co.jp/a170937.html


http://mt.sohu.com/20170228/n481998910.shtml
no title

no title

no title

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

2017年02月24日

中国人が国外で日本人だと騙る? 中国人は「誤解」されている

1: 2017/02/23(木) 06:29:43.17 ID:CAP_USER

 日本人のマナーの高さは世界でも定評がある。一方の中国人旅行客はマナーが悪いとのイメージがあり、良からぬトラブルに巻き込まれないよう、国外では日本人だと騙(かた)る中国人もいるほどだ。

 しかし、中国人としては外国人に「誤解」されていると感じているようだ。中国メディアの捜狐は17日に掲載した記事で、「なぜ中国人は外国人に誤解されるのか」、3人の中国人大学生の考えを紹介した。

 ある中国人の大学生は、「中国人は頭は悪いが金持ちで、民度が低くてチャイナドレスを好んで着る」と思われていると残念そうに指摘した。

 例えば、日本では案内や標識に日本語、英語に加えて中国語も併記してあることが多い。しかし、観光地のトイレで使用後に水を流し、使用済みのトイレットペーパーも一緒に流すようにとの注意書きは中国語と韓国語しかないとし、複雑な思いだとした。あえて中国語で書いてくれていると喜ぶべきか、中国人の民度の低さを指摘されていると不愉快に思うべきか戸惑うのだという。この大学生は、民度が低いのは特に裕福で年齢層の高い一部の中国人に限られるのであり、すべての中国人がそうではないと訴えた。

 次いで、広州大学に通うという別の大学生は、「双方向のコミュニケーション不足」と「メディアが意図的に中国について悪く伝えること」を理由として挙げた。中国ではFacebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)などのソーシャルメディアにアクセスすることができない。中国国内では中国版のソーシャルメディアでコミュニケーションができるが、海外ユーザーとの交流ができなくなり、誤解が生じやすくなるという。

 また、外国人は主に香港や台湾のメディアを通じて中国の情報を得るが、香港や台湾のメディアは「中国の悪いところばかり」取り上げる傾向にあることも関係していると指摘。別の大学に通う中国人も、同様に「メディアの限界」を指摘した。メディアは視聴者の見たいもの、ニーズに沿おうとするため情報が偏りがちで、誤解を生みやすいと主張した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://news.searchina.net/id/1629827?page=1


2: 2017/02/23(木) 06:32:53.90 ID:rBdkfzuc

「外国人記者は見た」って言う番組よく見るんだけど、記者の中でもやっぱり中国人は特殊なんだよ
記者レベルでさえあんな下品な感じなら一般人がどのレベルかは大体見える


3: 2017/02/23(木) 06:33:00.94 ID:I+xCA4FB

(´・ω・`)
中国人は額に中の字を焼き印してて欲しい。


35: 2017/02/23(木) 07:14:09.63 ID:Kf61qruJ

>>3
<丶`∀´>   これでウリも中国人二ダ♪

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度