軍事 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年04月30日

「北朝鮮は潜在敵」中国で対北論調に変化 米軍の武力行使への容認

1: 2017/04/29(土) 12:42:22.99 ID:CAP_USER

ミサイル発射や核実験による挑発を繰り返す北朝鮮に対し、トランプ米政権は武力行使も選択肢とし、オバマ前政権時代と異なるアプローチを見せている。
緊迫の度合いが増す中、北朝鮮の後ろ盾となってきた中国でも、従来の認識や政策の見直しを求める声が目立つようになっている。

「中国と北朝鮮はもはや戦友ではない。短期間のうちの中朝関係の改善は不可能だ」

 上海・華東師範大学の冷戦史の専門家、沈志華教授は3月、大連外国語大学での講義でこう語った。
 北朝鮮に厳しい姿勢をとってこなかった中国政府を批判するかのような沈氏の発言は、国内外で話題となった。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(18日付、電子版)も沈氏の議論を取り上げ、「北朝鮮の核開発が東アジアとその域外でも緊張を高めているにもかかわらず、
北朝鮮との関係を断ち切ろうとしない中国の北朝鮮政策に対する大胆な挑戦だ」と指摘した。

同紙は、2004年に北朝鮮を批判する記事を掲載した中国の雑誌が廃刊され、
13年に「中国は今後、北朝鮮を支持すべきではない」と提案した北京の共産党系メディアの編集者が解雇された事例を紹介。
公然と北朝鮮を批判できなかったかつての中国の事情を伝えた。

 事実上、北朝鮮政策の見直しを求める沈氏の講義録は、所属機関の華東師範大学冷戦国際史研究センターのホームページに掲載され続けている
中国の反対にもかかわらず挑発行為を重ね、いたずらに緊張を高める北朝鮮に対しては、中国の一般国民も不満や嫌悪感を募らせている。
こと北朝鮮に関しては、数年前と言論環境が異なっているようだ。

中国政府は、米国による武力行使について「武力では問題を解決できない」(王毅外相)として、反対の立場だ。だが、政府方針とは逆に、武力行使を条件付きで容認する意見も飛び出した。

 中国アジア・アフリカ発展交流協会理事の曹辛氏は、米国による武力行使について、「長い間変化がなかった朝鮮半島の状況が活性化することを意味する」、
「中国にとっては、現行の北朝鮮政策を、より現実と国益に合致したものへと調整する機会を提供するものだ」と評価。
3つの条件が確保されれば、米国による武力行使を容認するとの議論を展開した。

その3条件とは、(1)北朝鮮の指導者は換えてもよいが、国家は消滅させてはならない(2)武力で朝鮮半島を統一してはならない(3)米韓軍は北朝鮮の特定地域で任務を終えた後は、38度線以南に戻る−というものだ。

らに曹氏は、中国の国益と安全の確保のため、「中国も適切なタイミングで海と陸から北朝鮮に軍隊を送って、場合によっては米軍と同時に行動してもよい」とまで主張している。

 一方、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は22日付の社説で、米韓両軍が北朝鮮に軍事進攻した場合は、中国も軍事介入すべきだと主張した。

http://www.sankei.com/premium/news/170428/prm1704280004-n3.html
http://www.sankei.com/premium/news/170428/prm1704280004-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/170428/prm1704280004-n1.html


2: 2017/04/29(土) 12:43:56.98 ID:0eh7yTei

中国「チョンはキチガイアルヨ」


3: 2017/04/29(土) 12:45:07.98 ID:gXKeNwmI

半島は今でも戦争中なのに攻撃後は撤退しろとは都合のいい話だ


4: 2017/04/29(土) 12:45:20.50 ID:EMQ/7w3J

中国にとって一番の手はアメリカと手を組んで北朝鮮を倒し逆に日本が何もしないことだ
そうなればアジアのトップに自動的になれる
金だけだして軍事力を出さない日本より兵をだす中国をアメリカは支持しそうだからな
日本が湾岸戦争の二の舞いをしないことを願う

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

仏海軍、日米英と初訓練へ…中国の海洋進出懸念

1: 2017/04/29(土) 11:40:30.13 ID:CAP_USER

フランス海軍の士官候補生の訓練部隊が29日、長崎県の海上自衛隊佐世保基地に寄港する。

訓練部隊は5月には日米英と初めての4か国共同訓練を行う。
フランスは欧州で唯一、南太平洋のニューカレドニアや仏領ポリネシアなどの海外領に軍を常駐させている。
識者らは「4か国の連携は、海洋進出を強める中国に向けた強いメッセージになる」と指摘する。

フランスのルドリアン国防相は2016年6月、
シンガポールでのアジア安全保障会議で中国を念頭に、南シナ海情勢に懸念を表明。
欧州の海軍が連携してアジア海域でプレゼンスを示すよう呼びかける考えも表明した。

仏訓練部隊は強襲揚陸艦「ミストラル」とフリゲート艦「クールベ」の2隻で、
2月に南仏を出て地中海、インド洋、太平洋を航行してきた。
仏海軍の士官候補生ら約140人に加え、英海軍のヘリ2機と海兵約60人の分遣隊も当初から同乗している。
no title


以下ソース:YOMIURI ONLINE 2017年04月29日 11時10分
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170429-OYT1T50025.html


2: 2017/04/29(土) 11:41:34.15 ID:wn3Q0dpP

あわよくば狙い


3: 2017/04/29(土) 11:42:35.72 ID:ETA+cV/R

中国に兵器売りまくってる国がなに言ってんのw


6: 2017/04/29(土) 11:44:27.31 ID:3zaC2JAs

>>3
もっと売れるようにするためだな

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

【トランプ大統領】「中国の願いないがしろに」 北朝鮮ミサイルを非難

1: 2017/04/29(土) 09:11:21.61 ID:CAP_USER9

アメリカのトランプ大統領は北朝鮮が29日朝、西部から弾道ミサイル1発を発射したことについて、「中国の願いをないがしろにした」と非難しました。

アメリカ太平洋軍によりますと北朝鮮は日本時間の29日午前5時33分ごろ、西部のピョンアン(平安)南道プクチャン(北倉)から弾道ミサイル1発を発射したということです。
また、ミサイルは北朝鮮の領域を出なかったとしていて、発射は失敗したと見られます。

これについて、トランプ大統領は28日、ツイッターに、「北朝鮮は成功しなかったが、ミサイルを発射し、中国と、非常に尊敬されている習近平国家主席の願いをないがしろにした。ひどい」と書き込み、北朝鮮を非難しました。
トランプ大統領は北朝鮮に自制を促すため繰り返し、中国の役割に期待を示してきました。

配信 4月29日 9時01分

NHK NEWS WEB ニュースサイトで読む
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170429/k10010966121000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002


7: 2017/04/29(土) 09:12:25.66 ID:jO2EWs8m0

>ひどい

なんか可愛いな


8: 2017/04/29(土) 09:12:27.11 ID:3A7auuMH0

で?


9: 2017/04/29(土) 09:12:39.49 ID:ue+FPZTY0

キンペーのメンツ丸潰れ

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

2017年04月29日

【北朝鮮情勢】「制御不能となる」危険性がある=中国外相

1: 2017/04/28(金) 15:37:55.53 ID:CAP_USER9

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN17U0BN

[北京 28日 ロイター] - 中国の王毅外相は28日、朝鮮半島情勢について、状況が悪化し制御不能となる可能性があるとの認識を示した。ロシアの外交官に語った。

国連の会議に出席した際、ロシアとの会合で述べた。中国外務省が外相の発言を発表した。

2017年 4月 28日 12:02 PM JST


6: 2017/04/28(金) 15:39:08.94 ID:IJCELXk80

むしろ歓迎

制御不能なら破壊すれば良いだけ


7: 2017/04/28(金) 15:39:13.84 ID:4unVeS6S0

>>1
制御不能になるなら中国の責任ってことだ


8: 2017/04/28(金) 15:39:20.94 ID:JznBYy1n0

上も下も火病で手が付けられなくなるって事?

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

2017年04月28日

エンジンの推力が深刻なほど不足 中国の戦闘機「J−20」は脅威か? それとも「見かけだおし」か

1: 2017/04/27(木) 13:51:40.73 ID:CAP_USER

中国は第5世代戦闘機「J−20(殲−20)」を開発中だが、米戦略国際問題研究所(CSIS)はJ−20について、「以前は想像すらできなかった空中戦の選択肢を中国に提供する」と分析しているという。

中国国内でも2017−18年ごろに実戦配備が始まるとみられるJ−20を高く評価する声は多い。

たとえば、「米国のF−22にも対抗できる先進的な戦闘機」、「F−35を含めて、米国が輸出しているいかなる戦闘機に対しても、圧倒的に優勢」「J−20の実戦配備で、武力による台湾の『解放』が可能になる」といった声がある。

しかし、香港メディアの鳳凰網は23日付で、J−20に対する海外メディアの評価は「まちまち」であり、J−20を脅威とする報道もあれば、「ほとんど脅威にならない」とする報道もあると紹介している。

記事は、J−20を脅威とする報道の一例として、「J−20は台湾のF−16、日本のF−15、ベトナムのSu−30などよりかなり優れており、台湾のF−16VはJ−20に対応できず、あっという間に制空権を失う」と分析する見方もあると説明した。

一方でJ−20を「ステルスの皮を着せたJ−10」として、「ほとんど脅威にならない」と分析するメディアもあると紹介。

脅威にならないと主張する根拠は、たとえば新型戦闘機にとって必須とも言える「超音速巡航能力」がないこと、エンジンの推力が深刻なほど不足していること、ステルス性能に大きく関わる赤外線放射の低減や弾倉設計に欠陥があることなどが指摘されていると紹介した。

記事はJ−20を称賛し過ぎるのも批判し過ぎるのも良いことではなく、ただ事実に即して評価を下すのが賢明だと結論を下しているが、J−20に対する評価は非常にまちまちであるのが現状だ。

実戦配備が始まれば、その実力のほどがより鮮明に見えてくるだろう。

サーチナ(編集担当:村山健二)
http://news.searchina.net/id/1634574?page=1


2: 2017/04/27(木) 13:56:15.45 ID:PHOTH/Uy

中国に見掛け倒しじゃない兵器ってあるのか


23: 2017/04/27(木) 14:11:21.69 ID:eiLGxWpJ

>>2
押し寄せる大量の降伏兵士。
相手が参るまで毎日数千人規模の捕虜が増える。


38: 2017/04/27(木) 14:16:02.11 ID:6WAeLVqM

>>23
兵士であれば、遠慮無く海中に沈められるやん。w

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

中国“国産空母”初進水…世界7番目の独自空母建造登録

1: 2017/04/27(木) 13:38:44.94 ID:CAP_USER

 中国の2艦目の航空母艦であり中国の自主技術で完成した初の航空母艦が、3年5カ月に及ぶ建造作業を終えて、26日海面上に浮かんだ。中国はこれで自主技術で空母を造った7番目の“海洋強国”の隊列に進入した。
 この日午前9時、中国の初の自主製作航空母艦の進水式が遼寧省大連の中国船舶重工業(CSIC)大連造船所で行われたと中国メディアが報道した。進水式には笵長龍・中央軍事委副主席と沈金龍・海軍司令官、苗華・海軍政治委員らが参加したと官営の新華社通信が伝えた。習近平・国家主席兼中央軍事委主席は参加しなかった。
 新しい空母は長さ315メートル、幅75メートルで、中国の初めての空母である遼寧(305メートル、75メートル)より若干大きい。殲-15戦闘機24機を載せる遼寧より6〜12機多い戦闘機を搭載できるという。艦載機の数が増えたことに対応し、乗務補助員室も増やしレーダー機能も強化した。専門家は遼寧に比べて戦力が6倍程度強化されたと評価する。
※続きはソースをご覧ください。
2017.04.26 23:01 修正 : 2017.04.27 06:47
ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/international/27180.html


2: 2017/04/27(木) 13:40:39.84 ID:txl6/Msq

そして、浸水


37: 2017/04/27(木) 14:15:05.74 ID:GwTZA+p5

>>2
登録制とかあんの?w


3: 2017/04/27(木) 13:40:45.49 ID:kPp/ZONd

チョンみたいなこと言ってるなw
艦載機の稼働率悪いうえに一旦飛んだら着艦できず逃げ足も遅い

ダメじゃんwwwwww

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事