中国 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年05月18日

【直接言ってこいよ】中国の習主席、二階氏経由で安倍首相訪中を打診、アベは拒否へ

1: 2017/05/17(水) 00:45:26.58 ID:kHBOjFq00● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典

自民党の二階俊博幹事長は16日、テレビ東京のインタビューで、中国の習近平国家主席と北京で同日会談した際に安倍晋三首相の訪中を打診されたことを明らかにした。

 二階氏は会談で、日中両首脳の相互訪問を促す首相親書を習氏に手渡していた。

 二階氏によると、習氏は「機会があれば首相に中国にお越しいただきたい」と述べ、具体的な時期は示さなかったとされる。首相は国際会議に合わせる形で2014年に北京、
16年に杭州を訪問しているが、単独目的での訪中は第1次政権発足直後の06年以降、行っていない。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000001-jij-pol


3: 2017/05/17(水) 00:47:19.89 ID:6M4IpsmK0

つまり二階はチャイナマネーに買収済みとww


38: 2017/05/17(水) 01:50:59.22 ID:ROAoi6gZ0

>>3
何を今更


4: 2017/05/17(水) 00:47:34.61 ID:EW10RMi90

会ってもええんちゃうか
日米中で南北朝鮮潰さなアカンやろ

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

これが日本人と中国人の民度の違いだ!地下鉄を見れば違いがわかる

1: 2017/05/16(火) 14:15:38.21 ID:CAP_USER

 中国の都市部では近年、自動車が増えすぎたことなどを背景に深刻な交通渋滞が発生するようになった。バスやタクシーでは目的地に到着する時間が読めなくても、地下鉄などの交通インフラも整備されているため、比較的快適に移動することができるようになっている。

 つまり、中国人にとっても地下鉄は身近な存在だと言えるが、同じ地下鉄でも日本と中国ではまったく違うことが多々あるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の地下鉄を紹介する記事を多くの写真とともに掲載した。記事は、地下鉄はその都市や国の文化を計り知ることができる存在であるとしているが、日本と中国の地下鉄は一体、どのような点が違うのだろうか。

 同じ地下鉄である以上、日本と中国で「ハード面」における大きな違いは特になく、分かりやすい違いはサービスの質や車内の環境、乗客の態度など、いわば「ソフト面」だと言える。記事は、日本の地下鉄は通勤ラッシュの写真を掲載、駅員が乗客を車内に押し込むほどに混雑することを紹介する一方、「人は多いが混乱は見られない」とし、「電車に乗れなかった人は整然と次の列車を待つ列に並んでいる」と驚きを示した。さらに夕方以降ともなると疲れた乗客が車内で「不安の色もなく寝ている」様子を紹介、日本の地下鉄ではスリや置き引きに中国ほど警戒する必要がないことを紹介した。

 さらに、地下鉄で通学する小学生の写真とともに、「日本の小学生は、自分で地下鉄に乗って登下校する」と紹介。日本の都市部ではあたりまえの光景かもしれないが、中国では子どもが事故や犯罪に巻き込まれないよう親や祖父母が送り迎えをすることが一般的だ。これに対し、中国のネットユーザーからは「日本には子どもの誘拐はないのか?」といった声とともに、「多くの中国人は日本人を嫌っているし、侮っているようだが、中国人では日本人の民度には追いつけない」といった声が寄せられていた。

 中国人から見た日本の地下鉄の光景は、自国とあまりに違っていて不思議に感じる点もあるようだ。記事は指摘していないが、中国の地下鉄や電車の車内は非常に賑やかだ。携帯電話で音楽を聴くにあたり、イヤフォンを使用せずにスピーカー出力で音楽を聴く人、周りの人の目を気にせずに携帯電話で大声で話をする人、物乞いをする人、車両内で痰を吐く人もいる。

 さらに2016年5月30日付の海峡網の報道によれば、広東省広州市の地下鉄4号線の車内でつり革部分に洗濯物を干し、床に座卓を置いて、食事を始める乗客もいたようだ。この乗客はくつろいだ様子で車内で酒と食事を楽しんでいたようだが、さすがに地下鉄職員にたしなめられたという。こうした光景が見られる中国において、日本の地下鉄は「ソフト面」が違いすぎると感じるのもごく当たり前と言える。
searchina
2017-05-16 09:42
http://news.searchina.net/id/1635735?page=1


2: 2017/05/16(火) 14:17:58.55 ID:wH5XUEia

野グソが習慣中国人


3: 2017/05/16(火) 14:20:03.20 ID:NADwR3iW

常識なのかそれ


4: 2017/05/16(火) 14:20:13.14 ID:kPMc2puY

電車の通路でうんこしても捕まらない所から見直せば

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

2017年05月17日

【中国報道】日本ってこんな国だったのか!「訪日して初めて知った日中の違い」

1: 2017/05/16(火) 16:00:01.19 ID:CAP_USER

 日本と中国は隣国同士ではあるが、文化や習慣にはそれぞれ大きな違いがある。中国を訪れた日本人が、中国で日本との違いを実感するのと同じように、仕事や留学などで日本で暮らす中国人にとっても、「日本を訪れて初めて知る驚愕の違い」が数多く存在するようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人にとって「日本は訪れてこそ初めて分かることが数多くある」と論じる記事を掲載した。

 記事は、日本に留学している甥を訪ねて訪日したという中国人の見解として、日本の生活が中国人から見て「不思議に見えること」を列挙している。たとえば、「日本では果物が1個ずつ販売されていること」は中国人にとっては驚きなのだという。

 中国では果物や野菜は量り売りが基本であり、しかも「500グラム」あたりの値段が表記されていることが一般的だ。そのため、リンゴが1−2個欲しいと思っても、その値段がいくらになるのか分かりづらいのだが、量り売りに慣れている中国人にとっては日本では野菜や果物が食べやすい量にカットされ、1個ずつ販売されていることは驚くらしい。
 また日本はゴミの分別が厳格に行われているが、中国では分別の概念が浸透しておらず、ゴミは分別せずにいつでも集合住宅の出口付近にある回収箱に投げ入れることができる。そのため、日本は「ゴミの分別だけならまだしも、規定時間外に出すと怒られる可能性もある」と伝えつつ、中国人からすると「捨てる時間や曜日の規定まで存在すること」が信じられないようだ。

 さらに、「すべての公衆トイレにトイレットペーパーが備え付けられていること」も日本ならではと主張。日本人にとっては日常的だが、中国では公衆トイレを利用する際には「使用料」を支払う場合があるうえに、トイレットペーパーも持ち合わせがなければその場で購入するのが一般的だ。中国でもし日本のようにペーパーが置いてあれば、みんな持ち帰ってしまうだろう。

 そのほか記事は、「日本では毎日同じ服を着ていると白い目で見られる」、「カフェなどにパソコンや携帯電話を置いたまま席を離れても、誰も盗まない」、「日本人女性はみなキレイだが、化粧の有無で変化が大きい」、「日本では中古の服すら売ることができる」、「中国のような路上販売がほとんど見られない」、「日本ではネット上で映画や音楽をダウンロードするのにお金がかかる」ことなどを挙げ、「中国人にとっては日本という国は訪れてみないと何も分からない国だ」と伝えている。

 記事が挙げていることはいずれも些細なことともいえるが、日本で生活している中国人にとっては日常生活で多くのストレスを感じ、馴染むにも時間が掛かるということを示しているのかもしれない。中国人が日本へ来てこれほど多くの点に驚いているということは、逆に言えば日本人が中国へ行っても同じように驚くということだ。
searchina
2017-05-16 10:42
http://news.searchina.net/id/1635747?page=1


2: 2017/05/16(火) 16:01:26.39 ID:j3+Gq1l1

土人と比べられてもな
迷惑ですらある


4: 2017/05/16(火) 16:04:32.89 ID:9TSYoLPS

>日本ではネット上で映画や音楽をダウンロードするのにお金がかかる

  海賊版しかないんだろうなwww


5: 2017/05/16(火) 16:04:49.22 ID:vZG8n8oB

何で映画・音楽のDLがタダで済むと思ってるんだ?
作詞作曲演奏全てに敬意が払えないの?

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

【中国報道】えっ?中国人なら誰もが使うアレが実は日本人の発明だったなんて!

1: 2017/05/16(火) 14:22:14.83 ID:CAP_USER

 中国の経済成長は目覚ましく、経済的にも豊かになってきており、中国人たちの多くは、自分たちの生活がもはや海外の先進国と比べても引けを取らないという意識を持つようになってきている。中国メディアの一点資訊は13日、「世界の人びとが中国人を羨ましがる日が訪れた」とし、モバイル決済が生活上のインフラとなりつつある中国の便利な生活スタイルを自賛する一方、中国のモバイル決済時に用いられる「QRコード」が実は日本企業が発明したものだったと伝えている。

 記事は、中国でモバイル決済が普及し、買い物が非常に便利になったと伝えつつ、「その利便性はQRコードなしでは成り立たない」と指摘。QRコードは中国人の生活にとって「なくてはならない」存在になったとし、街中でQRコードを見かけると、「割引や優待が受けられると思い、反射的にかざしてしまうQR症候群」なるものまで生まれていると伝えた。

 確かに、中国の店のレジ付近には必ず店のQRコードが提示されており、何かしらの優待が受けられることが多いため、先ずはスマホをかざすということが習慣になっている人も少なくないようだ。

 だが記事は、QRコードはもともとトヨタグループの自動車部品メーカーであるデンソーが開発したものであり、まずは自動車部品業界で使用され、その利便性の高さ情報量の多さ、さらには携帯電話の普及などを背景に、我々の日常生活へと活躍の場を広げてきたコードであることを紹介。

 現代の中国人にとって身近な存在であり、誰もが生活で使用するようになったQRコード。今では中国の政府部門でも広く使用されるようになっていることを紹介しつつも、「QRコードは日本人が開発したものだった」と驚きを示し、その事実を知らずに使用している中国人は多いことを伝えている。
searchina
2017-05-16 12:12
http://news.searchina.net/id/1635760?page=1


2: 2017/05/16(火) 14:23:32.92 ID:k30esQDn

自撮り棒もな


4: 2017/05/16(火) 14:24:09.42 ID:nFDEYydn

人民共和国が日本製な件


13: 2017/05/16(火) 14:29:39.66 ID:160o88gg

>>4
ほんそれ
共産党も実は日本製w

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

【中国報道】日本の運動会を見て背筋が凍った「中国は再び日本にやられてしまう!」

1: 2017/05/15(月) 17:54:42.49 ID:CAP_USER

 中国では、日本の教育の質は一般的に高いと認識されている。この「教育の質」に含まれるのは数値化できる「学力」だけではなく、道徳や社会規範、そして集団での行動におけるルールなど含まれる。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の小学生で広く行われている「運動会」に注目したうえで、「中国も変わらなければ、再び日本に打ち負かされる日がやってくるはずだ」と警戒心を示す記事を掲載した。

 中国の小学校では運動競技があっても運動能力の高い生徒を「選抜」して行うことが多いため、学校のすべての生徒たちが参加したうえで、「選抜」をせず、「団体競技」が多く行われる日本の運動会には驚きを感じるようだ。

 記事は複数の写真を掲載しているが、その写真にはいずれも綱引きなど「チーム一丸となって競う」団体競技が写されている。また、車椅子に乗った介助の必要な生徒もクラスの一員として応援すると紹介、日本の運動会は「チームで取り組むことによって生まれる力と、集団における協調の精神」を学ぶ場になっていることを紹介した。また、徒競走では仮に走るのが遅い生徒がいても、走り切ることができれば「すべての人が大きな拍手を送る」と伝えた。

 また運動会自体、生徒たちが主役で先生は脇役というスタンスで実施されているとし、閉会後の後片付けや掃除も生徒自らが行っている様子に驚いた様子だ。中国では一人っ子政策の影響により、子どもは家庭で過度に甘やかされているため、自主的に何かを行うことを学ぶ機会が限られているのかもしれない。

 ほかにも記事は、「組体操」や「騎馬戦」といった日本の運動会ではおなじみの種目を紹介したが、中国では運動競技やレクリエーションでもない団体競技を生徒たちが一緒に行うことはない。運動会という場において、日本人は「幼少のころから協調性や自主性、団体行動の精神を学んでいる」と指摘。「団体行動や協調して何かに取り組むことが苦手な中国人はこのままでは、再び日本に打ち負かされる日がやってくるはずだ」と警戒心を示した。
 中国には「一个中国人一条龍、三个中国人一条虫、一个日本人一条虫、三个日本人一条龍」と」という言葉がある。これは「中国人は1人なら龍ほどの力を持つが、3人集まると虫けらほどの力しか出せないが、1人では虫けらほどの日本人は3人集まると龍ほどの力を発揮する」という意味だ。中国人も「日本人は集団で大きな力を発揮できるが、自分たちは協調性に欠け、集団行動が苦手」だと認識していることを示す言葉だと言えるだろう。
searchina
2017-05-15 15:12
http://news.searchina.net/id/1635696?page=1


5: 2017/05/15(月) 17:58:01.57 ID:HyIWI90v

だって中国で運動会やろうとしたら、人が多すぎて入場行進だけでまる1日かかるんだろ?


6: 2017/05/15(月) 17:58:44.04 ID:KgREAOhw

子は親の鏡な。まずそこからだ


7: 2017/05/15(月) 17:59:26.96 ID:kYDkHujr

中国の運動会の方が凄そうな気がする

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

【中国人学者】これが日本なのかと感銘、同時に日本に「背筋が凍る思いがする理由」

1: 2017/05/15(月) 13:33:51.14 ID:CAP_USER

 中国人は日本について「恐ろしい国」と表現するが、日本の一体どのような点が恐ろしく感じるのだろうか。香港メディアの鳳凰網は10日、「日本というライバルに背筋が凍る思いがする理由」と題し、中国人女性学者の資中?氏による文章を紹介した。

 中国人が日本について「恐ろしい国」と感じるのは主に、中国人が日本という国を「深く知らない」のに対し、「日本は中国を知り尽くしている」ためなのだという。

 資氏はまず、日本がいかに中国をよく研究しているかについて、1つのエピソードを紹介。彼女の出身地である湖南省末陽県には地下に眠る良質の無煙炭という資源があるが、当時は交通の不便さから外部に知られることなく、大規模な開発もされずに残っていた。しかし、1917年に日本へ留学した彼女の父親が、日本の図書館でこの炭鉱についての記録を見つけたという。戦時中に上海に存在した日本の学校「東亜同文書院」が中国各地に赴き調べたもので、詳細な地名まで記録に残っていたことに大変驚いたという資氏の父親は、「日本人を敬服し、非常な驚きを受けた」と記している。
 これは1つの例に過ぎないが、中国人の間ですらほとんど知られていなかった資源の存在を日本人が詳しく調べていたという事実について、日本人は中国をよく研究してきたものの、「中国人は日本をよく知らないばかりか、よく知ろうともしない」と資中?氏は指摘。その理由として、日本について研究し、理解することは、中国では「売国奴」であると連想させる心理的要因があるとしたほか、日本を西洋諸国を学習のためのツールとしか見なしていないことを挙げた。また、仮に日本について学ぼうとしても、「政治や経済のために学ぶ」という実用主義ゆえに辛抱強く「文化を学ぼうとしない」こと、さらには日本文化のルーツは中国であるとの優越感も、日本を深く知るうえでの障害となっていると分析した。

 資氏は、かつて日本の四国にある製紙工場を見学する機会があったそうだが、中国から伝わった製紙が、日本でどのように発展してきたかの詳細な歴史が紹介されており、一部の金属よりも軽くて薄く、しかも強い強度を持つ紙を見せられ、「これが日本なのか」と感銘を受けたという。
 記事は結びに、日本人の「他から学ぶことを恥じない姿勢」を称賛、中国人もそれに学ぶべきではないかと問いかけた。人でも国でも、現状に満足せず謙虚に他から学ぶ姿勢が進歩につながるものだ。中国人が日本を恐れるのは、それに気付き始めたからなのかもしれない。
searchina
2017-05-15 08:42
http://news.searchina.net/id/1635629?page=1
※資中?氏 ガラケーでは変換されず?になります。すみません。


4: 2017/05/15(月) 13:38:04.61 ID:SK0X2sig

独裁国家で歴史捏造してる中国で学者という仕事が成り立つの?


6: 2017/05/15(月) 13:39:34.83 ID:r3XjcZ9w

中国人だって「他からパクることを恥じない姿勢」があるじゃん


13: 2017/05/15(月) 13:46:38.18 ID:lNnmhEFS

>>6
全くもってよく解らん連中だよなぁ・・・('A`)

続きを読む
posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国