「誰も盗まない」 日本人にとって当たり前の「運動会」、中国人には「驚き」で満ち溢れていた理由 - おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年05月25日

「誰も盗まない」 日本人にとって当たり前の「運動会」、中国人には「驚き」で満ち溢れていた理由

1: 2017/05/23(火) 20:51:39.92 ID:CAP_USER

綱引きや玉入れ、徒競走といった運動会は日本人ならば誰もが小中学校の時に体験したことがあるだろう。だが、中国人から見れば、日本の小中学校における運動会は多くの驚きがあるイベントのようだ。

中国メディアの大視界は18日、日本在住の親戚に会うために日本を訪れたという中国人女性の手記として、「日本の子どもたちによる運動会は驚きに満ちていた」と伝える記事を掲載した。

記事は「日本は教育を重視する国」であることは広く知られていると伝えつつ、まず驚いたのが「日本は小学校や中学校の校舎が非常に頑丈で、最も安全な施設の1つ」とされていて、地震災害などの際には人びとの避難場所に指定されていることだと紹介。

政府の関連施設ほど頑丈であると揶揄されることもある中国との大きな違いの1つだと論じた。

この中国人女性には小学校3年生の姪がいて、この姪の応援のために運動会に参加したようだが、日本の運動会には「個人種目がなく、すべてが団体種目であった」と驚きを示し、「運動会は子どもたちが『協力』することの重要性や協調性を学ぶ場だった」と伝えた。

また、運動会の競技が終わっても「子どもたちは後片付けを自ら行う」と伝え、運動会で使用した道具はもちろん、掃除も子どもたちが行なっていたと紹介。賑やかなイベントが終わった後とは思えないほど、「校庭はきれいに片付き、ゴミ1つ落ちていなかった」と伝えた。

さらに、運動会の終了後、「小学校のフェンスにスカーフが掛けられているのを見た」と紹介。

これは誰かが置き忘れてしまったスカーフを「元あった場所に置いておくことで、持ち主が発見できるように」という気遣いによるものだと指摘し、「誰もスカーフを持ち去らない」という点にも大きな驚きがあったようだ。

中国の学校では体育の授業はあまり積極的に行われていない。スポーツはもともと選抜されたエリートが取り組むものという認識があり、中国の中学、高校では日本の学校のように部活動もあまり行われない。

日本では体育の授業や運動会を通して、健全な体と健全な精神の育成、さらには協調性や協力することの重要さを教えているという点が中国人にとっては驚きにつながったようだ。

サーチナ
http://news.searchina.net/id/1636224?page=1


6: 2017/05/23(火) 20:55:18.33 ID:C7qNF30B

おいマジで中国、大丈夫か・・・?


7: 2017/05/23(火) 20:55:27.10 ID:spBUr/Ex

>>1
誰もスカーフなんて持ち帰らないけど(欲しいと思わない)
現ナマの札束は持ち帰る人は多いだろうに。

まあ、その場合でも交番に落とし物として届けることケースは多いかもね。


8: 2017/05/23(火) 20:55:35.45 ID:9q1g6MCL

要するに中国人をみたら泥棒と思えとw

19: 2017/05/23(火) 21:07:03.98 ID:GlpRISjQ

>>8
シナ人(にしてはかなりまとも 満州地方出身)の同僚と似たような話題になったことがある
「欲しいとか欲しくないにかかわらず、盗れる状態にあるものを盗らないと損をする」という思考らしい
マンホールの蓋とか工事現場においてある資材なんかが支那畜に盗まれるのはこの理屈


9: 2017/05/23(火) 20:56:01.40 ID:exumUluV

>>1
運動会で、盗み?


10: 2017/05/23(火) 20:56:24.52 ID:LmTTpa9t

中国人に日本を見せるな。
中国人は日本を横取りする気、満々だぞ。
中国人は自分等でつくり上げずに、出来上がったものを横取りするんだよ。



12: 2017/05/23(火) 21:01:26.45 ID:LmTTpa9t

日本人は明治の頃、欧州を視察したが、欧州に住み着いたりはしなかったぞ。
日本に帰ってきて欧州の良いところを取り入れた。
中国人は、日本に来て、そのまま住み着くことしか考えない馬鹿だ。劣等民族だ。


13: 2017/05/23(火) 21:01:33.83 ID:6neiHYiZ

団体競技なんて共産主義の方が得意そうなんだが、、シナの協調性はマスゲームの国以下なのかもな


28: 2017/05/23(火) 21:14:30.47 ID:UzPMSUVB

>>13
中国の団体競技で強いのは、女子シンクロぐらいしか思い浮かばないな。(今はどうか知らんが)
卓球も高飛び込みも個人だし、体操も得点が団体戦なだけで数人一緒に演技するもんじゃないしな。
特に球技団体なんてなんか強いのあったっけ?卓球ダブルス(2人)、バスケ(5人)ぐらい?
バレー(6人)は昔強かったが今はどうなんだろう。野球(9人)、サッカー(11人)、ラグビー(15人)は
てんでダメだよなあ。中国人のチームプレーは、6人が限界点か?


14: 2017/05/23(火) 21:03:24.76 ID:jYC8HeRA

これはまともに分析してあるな


15: 2017/05/23(火) 21:04:12.10 ID:EPJYi5vr

日本文化の基礎は、中華文明とサムライ精神


16: 2017/05/23(火) 21:05:15.34 ID:kFfK4xHC

>>1
中国に限らず世界のどこにも日本の運動会みたいな組織だったスポーツイベントを学校でやる国は無いよ。


33: 2017/05/23(火) 21:16:43.75 ID:IOZ4Omyq

>>16
それは知らなかった
プールが常設されてるのも最近まで当たり前のように思ってたし


17: 2017/05/23(火) 21:06:14.03 ID:MZgb0Xkf

(◎__◎;)共産国では、泥棒は当たり前なようです。


20: 2017/05/23(火) 21:07:40.75 ID:mdFJ9uIx

>>2
ただの比較文化論の話で
最近、愛国ポルノって騒いでる奴が居る方が異常だと思うぞ?



23: 2017/05/23(火) 21:10:06.76 ID:FH6r+oNc

他所は運動会ないんかな


24: 2017/05/23(火) 21:10:44.96 ID:j13rkux+

トラックが事故で積み荷落とした物を盗む連中じゃ無理やろ


25: 2017/05/23(火) 21:11:30.38 ID:XVC12epB

愛国ポルノと言う言葉を使う人が、韓国のウリナラマンセーに批判的な意見を言ってる所を見たことが無いw


26: 2017/05/23(火) 21:13:09.07 ID:q9N30O8O

南朝鮮も日本統治の影響であるんじゃね。
騎馬戦もそのまま朴ってたw


30: 2017/05/23(火) 21:14:59.07 ID:GM7xhtgk

運動会の後片付けは児童はやらない。
PTA、子供会の役員だよ。


40: 2017/05/23(火) 21:20:54.18 ID:0smKW4Uz

>>30
地方に依るかも知れんが小学校は5,6年生は後片付けを手伝ってるよ。



31: 2017/05/23(火) 21:15:31.22 ID:/LVfXzbx

他人のスカーフは持ち去らないだろ菌がついてて汚い。1万円なら持ち帰ったと思う。


32: 2017/05/23(火) 21:15:51.99 ID:kM82GpN2

 中国共産党って不思議だよね、人民に日本よりもっとガチガチの道徳教育をした方が
支配し易いのに、何故しなかったんだろうね。おそらく党の幹部連中自体に元々道徳という
概念そのものが無いから、最初から考えもしなかったんだろうね。


34: 2017/05/23(火) 21:17:36.37 ID:mDe4h0J+

「個人種目がなく、すべてが団体種目であった」

子供いないんでこれに驚いた
今の運動会ってそうなのか


35: 2017/05/23(火) 21:17:53.98 ID:0UPOBcTd

落ちてる赤の他人のスカーフを拾って持ちかえってどうするつもりだ?。
中国人は民度も心も倫理観も道徳心も何もかも、落ちてるスカーフより汚いだけ。


36: 2017/05/23(火) 21:18:31.99 ID:6/hEr2te

昭和と違ってロリ排除で監視されてるからな
怪しいおっさんはすぐに通報される
スカーフは罠


37: 2017/05/23(火) 21:19:24.16 ID:fjXXGAqD

別の運動会が始まりそうだがソコでも当然盗むんだろうな


38: 2017/05/23(火) 21:19:39.01 ID:EZEwOUVy

先進国で学校の建物が強固でない国なんて思い付かない


39: 2017/05/23(火) 21:20:14.53 ID:RGEBeWCw

この時期の汗臭いスカーフなんぞ誰も盗らんよ。
ほんとシナ人ときたら…


posted by 中島 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179849329

この記事へのトラックバック