おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年01月31日

「国連のSNSが新年のムードをぶち壊した」中国ネット怒り

1: 2017/01/30(月) 06:31:02.35 ID:CAP_USER

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=162317&ph=0

2017年1月28日、環球網は記事「旧暦大みそかに国連がつぶやき、中国ネットユーザーの怒りを招く」を掲載した。

28日は中国の旧正月。その前日の旧暦大みそかは家族が集まりごちそうを食べる「年夜飯」という伝統がある。爆竹が鳴るなか、中国版紅白「春晩」を見る。ところが、国連がこのめでたいムードをぶち壊したと中国ネットユーザーは怒りを示している。問題となったのは中国の大手SNS「微博」に国連アカウントが書き込んだつぶやきだ。

「親愛なる皆さん、年夜飯は食べ終わりましたか?きっとごちそうだったんでしょうね。ただ知っていますか?全世界では8億人もの人々が飢餓に苦しんでいるんです。また、さらに8億人が貧困で苦しんでいます。国際農業開発基金(IFAD)のカテヨ・ヌワンゼ総裁は緊急アクションの必要性を訴えています。年2560億ドルを投入しなければ2030年に貧困と飢餓を撲滅するという持続可能な発展目標を達成することはできません」

以下は中国ネットユーザーの反応。

「飢餓も貧困も中国人がもたらしたものじゃないだろう。事実かもしれないが、なにも大みそかにつぶやく必要はないはず。なんとも奇妙だ」
「なんで旧正月にこんなつぶやきを?クリスマスにやればいいのに」
「中国の労働者とビジネスマンはアフリカに繁栄と持続可能な発展をもたらした。欧米諸国は略奪だけ。私の取引先の多くはアフリカで働いているが、何年間も旧正月に帰国できていないんだ」


2: 2017/01/30(月) 06:33:26.28 ID:FP9LsZgp

>>1
お前たちの国がアフリカで搾取してることを批判したんだろ


3: 2017/01/30(月) 06:35:32.92 ID:zb9PLJdO

>>1

ざまぁw 中共支那ポコペンwww

世界の嫌われ者イナゴどもめ!


4: 2017/01/30(月) 06:42:00.37 ID:BTCMkvnh

中國は国連供出金とか少ないだろ
国力に見合った分もっと出せって言ってんじゃね?www

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 中国人の反応

日本人の中国人に対するホンネは?「中国人であることを隠してインタビューしてみた」動画に大反響!

1: 2017/01/29(日) 20:22:55.49 ID:CAP_USER

2017年1月27日、中国の動画サイト・陽光寛頻網に、日本の街頭インタビューの様子を映した動画が掲載され、ネットユーザーが興味を示している。

動画は、日本の街頭で撮影されたもので、本音を引き出すために中国人であることを隠してインタビューしたという。登場する日本人は、

「周りを気にせずに歩くこと」
「電車などで声が大きい。日本人にも(声が)大きな人がいるけど、もう少し小さくしてくれたらと思うことはある」
「固まって歩くので邪魔」
「自分勝手なところ」
「列にあんまり並ばないこと」
「割り込んだりするのはダメかなあと思う」
「マナー違反が多いところ」
「食器を返却してと書いてあるのに、テーブルにそのまま置いていく」
「ごみを持ち帰らなかったり、ポイ捨てしたりする」
「よくまねをしたり、パクるところ」

などと回答している。

動画の説明では「日本人の中国人に対する本当の見方を聞いた」としているが、動画にはインタビュアーの質問部分は映っておらず、語尾に「?ところ」「?こと」と付く回答が多いことや、遠慮がちに話す人も多いことから、

単純に「中国人のイメージは?」と聞いたのではなく、「中国人の悪いところは?」などのように限定して質問した可能性もある。

ともあれ、動画に対する反響は大きく、26日に公開されてから1日経たずに170万回以上再生され、4万件以上のコメントが寄せられている。

ほかのユーザーから評価の高いコメントは、

「一番イヤなのが公共の場所で大声を出すこと。それと、割り込みもその通りだね。多くの人が他人のことを考えない」
「われわれには幼少期からのマナー教育が欠けている。日本人はよくできている」
「認めることができるようになったのは大きな進歩。あと20年すれば(中国も)大きく変わると信じている」

などがある。

また、日本人の回答に批判的な声があることに対して、

「彼らが言っているのは事実だろ。日本人がどれだけ自律しているか見てみろよ。それに引き換え中国人は?」
「(日本人を)批判する声もあるが、悪いものは悪いんだ。それに日本人だけでなく中国人も迷惑している」
「中国は自らの5000年にわたる文明礼節、伝統文化を捨てた上に、自分でまだ気付いていない」
「(批判している人がいるのは)日本人が間違ったことを言っているからではない。本当に痛いところを突かれたからだろう」

といった反論や指摘もまた、高い支持を得ている。


Record china 配信日時:2017年1月29日(翻訳・編集/北田)
http://www.recordchina.co.jp/a162257.html


2: 2017/01/29(日) 20:23:46.77 ID:xvBHvY99

インタビューアーの「発音」で中国人だったとバレバレだったと思います


8: 2017/01/29(日) 20:28:06.54 ID:tn42dwp2

>>2
それだよなww


12: 2017/01/29(日) 20:29:03.48 ID:tWSe/dmY

>>2
日本語の発音以外にも臭い、服のセンス、オーラetcでバレバレアルヨ!

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

世界最大の自動車大国だけど、中国企業には自動車生産の基幹技術がない

1: 2017/01/29(日) 10:46:29.91 ID:CAP_USER

中国が高速鉄道の分野で急激に技術力を高めたことと対照的に、自動車の分野ではなかなか技術力の向上が見られないのが現状だ。
中国メディアの捜狐は27日、中国には自動車を生産するうえでの基幹技術がないと指摘する記事を掲載した。

記事は、自動車の基幹技術と言えば「エンジン」と「トランスミッション」と「シャシー」であるとし、
これがなければ車は走らないと指摘する一方、これらの基幹技術は「ごく少数の外資メーカーによって独占状態」にあるのが現状と紹介。

中国自動車産業の技術力は中国人としては「失望せざるを得ない」と論じた。

続けて、中国にはまともなガソリンエンジンを生産できる企業はほとんどなく、エンジンを生産できない自動車メーカーは三菱製エンジンを搭載していると指摘。

また、ディーゼルエンジンにおいても、中国では「いすゞ」が王者であるとし、いすゞの中国における合弁会社が生産しているディーゼルエンジンは
中国で走っているほぼすべてのピックアップトラック、小型トラック、小型バスに搭載されていると伝えた。

さらに記事は、燃料噴射装置においてもドイツ、米国、日本の企業によって市場が独占状態にあるとし、
中国車はもちろん、乗用車からトラックにいたるまでドイツ、米国、日本の企業のいずれかの燃料噴射装置が搭載されていると紹介。

中国企業はまったく同市場に参入する余地は残されていないことを指摘した。

また、トランスミッションやタイヤ、車内外の各種設備も中国企業ではなく、外資メーカーが圧倒的なシェアを獲得していると伝え、
中国はすでに米国を抜いて世界最大の自動車市場であるとしながらも、「中国企業は自動車生産に関する基幹技術を持っていない」と悔しさを滲ませている。


2017-01-29 08:12
http://news.searchina.net/id/1628125?page=1


2: 2017/01/29(日) 10:48:24.60 ID:lHJFzrMs

外資は合弁じゃないとダメとか制限するから


3: 2017/01/29(日) 10:48:31.23 ID:D4/wJr+z

まずはボールペン作るアル


4: 2017/01/29(日) 10:48:52.98 ID:IqzZuTc0

鵜飼い生産

続きを読む
posted by 中島 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

2017年01月26日

中国紙、トランプ氏の対中強硬に報復示唆「横暴に出てくるなら受けて立つ」 敵対心むき出し

1: 2017/01/25(水) 20:57:13.93 ID:CAP_USER

「通商戦争は雇用を破壊する」。自由貿易の旗振り役である世界貿易機関(WTO)のアゼベド事務局長は20日、スイスのダボスで、世界に蔓延(まんえん)する保護主義を厳しく戒めた。

だが数時間後、米大統領就任の演説で「雇用を取り戻す」と訴えたトランプ氏が、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)離脱と北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を撤回することはなかった。

世界経済は2008年のリーマン・ショック後の低迷から、ようやく抜け出そうとしている。国際通貨基金(IMF)は、16年に3.1%まで低下した世界の成長率が17年から上向くと予測する。

しかし、国際協調体制を乱すトランプ政権の発足で不確実性が急上昇し、世界の成長を大きく阻む恐れが出ている。

トランプ氏が米国の貿易赤字の元凶とみて、目の敵にするのが中国だ。商務長官に指名された著名投資家、ロス氏は「最も保護主義的だ」と中国を非難した。

財務長官候補のムニューチン氏は、中国が輸出増を目的に通貨の人民元を安値誘導すれば、報復措置の対象となる「為替操作国」に指定すると示唆している。

報復に動けば、中国が対抗するのは確実だ。共産党機関紙、人民日報系の環球時報は社説で「米国が横暴に出てくるなら、どんなに損失が大きくても中国は受けて立つ」と敵対心をむき出しにする。

米中の通商戦争に発展すれば、世界経済は激しく揺さぶられる。

米国の内向き政策は、NAFTAを結ぶメキシコ経済をかき乱している。協定見直しでメキシコから米国への輸出に関税が課せられる恐れがあり、通貨ペソは対ドルで下落を続ける。

通貨防衛のために利上げを迫られるメキシコ中央銀行のグスマン副総裁は「かなり複雑な環境だ」とこぼす。

金融市場が歓迎し「トランプ相場」を形成した大規模減税や巨額のインフラ投資といった米政権の政策は危険をはらんでいる。米連邦準備制度理事会(FRB)は、景気が過熱すれば追加利上げを急ぐ方針。

新興国の成長を支える投資マネーが高い利回りにつられて米国に流れる動きが強まり、世界経済の減速を招くシナリオも語られ始めた。

円安ドル高を追い風に輸出増を狙う安倍政権は、米国の為替政策を警戒する。トランプ氏は、米紙が17日に掲載したインタビューで「われわれの通貨は強過ぎる」とドル高を牽制(けんせい)した。

市場経済をことさら重視する米国で、極めて異例の大統領による「口先介入」に世界の市場は身構えている。(ワシントン、ロンドン、北京 共同)

ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170124/frn1701241936012-n1.htm


3: 2017/01/25(水) 20:59:04.28 ID:rMlfVJ1x

中国はおだてておけば内乱で分裂しそうなのに
外圧で結束させるか
世界平和にはそっちのほうがいいのか知らんが


4: 2017/01/25(水) 21:01:41.60 ID:VG3fDGQM

>>3
煽って結束させた方が暴走して自滅してくれるんじゃないかな
おだてた状態で調子に乗りまくってる今なら引き金軽そうだよ


7: 2017/01/25(水) 21:03:47.78 ID:/Oe827+K

>>3
外圧で結束させることが出来るのは、相手が弱いときだけ。それが中国人。

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

「訪日観光客への挑発行為だ」 中国大使館がアパを批判

1: 2017/01/25(水) 18:22:20.25 ID:CAP_USER

 在日中国大使館の張梅・広報部参事官は25日、大使館であった定例記者会見で「アパホテルが部屋内に右翼史観を宣伝する本を置くことは、まさに中国の観光客に対する公然たる挑発行為で、観光・旅行業界の基本的なモラルにも反している」と述べた。

 張氏は中国は日本との間の正常な人的往来や友好交流には「反対しない」としつつも、「歴史を歪曲(わいきょく)し、中国の人々の感情を傷つけるような公然たるこのような挑発行為は絶対に許さない」と強調した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.asahi.com/articles/ASK1T5SMPK1TUHBI02X.html?iref=comtop_8_02


2: 2017/01/25(水) 18:23:31.61 ID:cAYLpjWP

じゃあ中国のホテルのテレビでやってる抗日番組とかどうなるんだよ
まあ実際にやってるのかは知らんけど


3: 2017/01/25(水) 18:23:52.74 ID:seiGMoMo

天安門事件についても聞いて欲しい。


4: 2017/01/25(水) 18:23:54.62 ID:i2NO0Zy9

いや、おまえらが来る前から置いてあるし
おまえらが今まで気付かなかっただけ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南京大虐殺

高速鉄道、中国が資金出し渋りめど立たず。「中国人違法労働者が流入」という噂に嫌中感情噴出…今度は日本に熱視線

1: 2017/01/25(水) 16:22:25.41 ID:CAP_USER

【ジャカルタ時事】中国が受注したインドネシア・ジャワ島高速鉄道計画が、起工式から1年がたっても建設のめどが全く立っていない。日本と激しい受注合戦を繰り広げた中国が資金を出し渋っているためで、インドネシアでは嫌中感情も湧き上がる。当初予定していた2019年の開業は極めて困難な状況だ。

高速鉄道は首都ジャカルタと西ジャワ州バンドン間(142キロ)を45分で結ぶ計画。日本は円借款による新幹線方式を推したが、中国は政府資金が要らないことを強調して15年秋に受注を決め、昨年1月21日には西ジャワ州ワリニでジョコ大統領も出席して大々的に起工式が行われた。

◇広がる嫌中感情

ところが、中国は受注決定後、事業への政府保証がなければ資金を出さないとインドネシア側に伝達。鉄道事業会社幹部は「当初から政府保証が要らないことで合意していたはずだ」と困惑を隠さない。

さらに中国は、土地収用が完全に終わらなければ資金提供しないという条件も突き付けている。インドネシアでは、土地収用が難航するのが普通で、日本企業関係者は「完全な土地収用を資金提供の条件にするのは、『事業をしない』と言っているに等しい」と指摘する。

このため、今も建設予定地では土地を更地にする作業が行われているだけで、本格的な工事は全く始まっていない。インドネシアでは昨秋以降、「大量の中国人労働者が違法に流入している」といううわさがソーシャルメディアで盛んに流され、市民の嫌中感情も噴出している。

◇日本に熱い視線

19年の大統領選で、高速鉄道を再選のための「目玉」にしたかったジョコ政権は、事業に誤算が生じたことから今度は日本に熱い視線を注ぐ。ジョコ氏側近は昨年12月に訪日し、同じジャワ島のジャカルタと第2の都市スラバヤを結ぶ既存鉄道の高速化への協力を要請。日本政府も「基本的に前向き」(石井啓一国土交通相)な姿勢で、共同の事業化調査実施に向けた検討を急ぐ。

ただ、インドネシア政府内では、早くも一部閣僚から「日本に受注が決まったわけではない」と声が上がるなど、意見にばらつきもみられる。高速鉄道でも、日本が事業化調査で先行していながら中国に敗れた経緯もあり、日本政府はインドネシア側の真意を慎重に見極める方針だ。

ソース:時事ドットコム 2017/01/22-16:01
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012200074&g=eco
no title


2: 2017/01/25(水) 16:23:09.57 ID:CmYtcX4U

少しは勉強になったかな?


3: 2017/01/25(水) 16:23:57.76 ID:cesIuOMi

支那を選んだのあんたら 自業自得諦めろ


4: 2017/01/25(水) 16:24:08.42 ID:e0dz7xU/

日本ではなく南朝鮮に頼んだらいいと思います

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国