おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2015年10月31日

軍事専門家「米国は中国との軍事衝突を恐れていない。中国が譲歩するまで一歩も引かない」

syuuu.jpg
1: 2015/10/31(土) 12:17:03.00 ID:XzMCghDx0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典

南シナ海の軍事行動、米国は絶対に引かない

(前略)
━━ 米国が哨戒行動を始めたことについて、小原さんはどこに注目していますか。

小原凡司元駐中国防衛駐在官:「口で言っても聞かないなら実力を行使する」という方針
に舵を切ったことです。米国は中国に対して、南シナ海での姿勢を改めるよう何度も要求して
きました。しかし、変化はなかった。
 米国は中国と軍事衝突することを恐れていません。中国が譲歩するまで一歩も引くことなく、
主張を押し通そうとするでしょう。米国は、水面下で中国と協議することはしないことを
示したわけで、これは、中国が求めている新型大国関係を否定したのと同義です。
 米国防総省は5月ごろから実力行使を主張していましたが、軍事行動に訴えたくない
オバマ大統領が決断を留保していました。しかし、9月25日に行われた米中首脳会談の場で
習近平国家主席が姿勢を変えなかったため、決断に至ったようです。
もし負ければ共産党による統治が揺らぐ

━━ 中国は譲歩するでしょうか。

小原:目に見える形で譲歩することは難しいでしょう。そんなことをすれば、国内世論が
納得しません。
 ただし、軍事衝突に至る事態は避けたい。
 米中が軍事衝突に至る可能性はゼロではありません。中国は今回、追跡・監視・警告
という対応をしました。しかし、米国が哨戒行動を続ければ、対応を強化せざるを得ません。
米艦の進路を妨害することなどが考えられます。もし米艦に被害を与えることがあれば、
米国は自衛権を発動して一層多くの部隊を南シナ海に派遣するでしょう。中国海軍がこれを
阻止しようとすれば、最悪の場合、軍事衝突になってしまいます。
 もし中国が負けるようなことがあれば国内問題化し、共産党による統治が危機に陥ります。
習近平政権としては、それはなんとしても避けなければなりません。(>>2-5に続く)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/102800077


2: 2015/10/31(土) 12:17:41.45 ID:XzMCghDx0.net BE:723460949-PLT(13000)

>>1の続き)
 このため、表面上は米中がともに退いた形を取りつつ、実質的には中国が米国に譲歩する
形を模索することになるでしょう。しかし、どのような具体策が考えられるのか、今のところ
私にもアイデアがありません。もしかすると、サイバーや宇宙の分野で何かしらの妥協を
するのかもしれませんね。これらの分野は米国が最も懸念している分野。加えて、中国が
譲歩をしても、表に見えづらいですから。

━━ 中国は、米国が哨戒活動を繰り返すならば、埋め立て活動を強化すると発言しています。
今のところ、譲歩する気配はないですね。

小原:米軍を排除し続けるという意図を、そのような表現で示しているのでしょう。
「中国軍が対応する」などと言えば、それこそ軍事衝突になる可能性があります。そんな
ことは危なくて言えません。

━━ ここからは、米国による哨戒活動の細部の話をお伺いします。まず、中国が実効支配する
南沙諸島の7つの岩礁のうち、米国はなぜスービ礁を選んだのでしょう。

小原:米国の活動に関する支援の輪を広げたかったからだと思います。スービ礁は1988年に
中国がベトナムから奪ったものです。従って、ベトナムの理解が得やすい。次の哨戒活動は、
中国がフィリピンから奪ったミスチーフ礁の周辺で行うかもしれません。フィリピンは、
アキノ大統領が既に米国の今回の行動を歓迎していますね。

━━ 駆逐艦「ラッセン」を選んだことに何か意味はありますか。

小原:これも、米国がいかに本気かを示すものだと思います。ラッセンはミサイルを装備している
イージス艦で、戦闘することが可能。同艦を派遣することは、中国に「やれるものなら、
やってみろ」と言っているようなものです。(>>3-6に続く)


5: 2015/10/31(土) 12:18:10.88 ID:XzMCghDx0.net BE:723460949-PLT(13000)

>>2の続き)
 ラッセンが1隻で活動したことも重要です。もし複数の艦船が編隊を組んで行動していたら、
中国が「米国は戦闘する意思がある」と受け取りかねません。「米軍が南シナ海においても
自由に活動することを中国に示す」ことが目的ですから、これでは行きすぎになってしまいます。
 もちろん、最悪の事態に備えて、他の米艦船が離れた海域で待機していたことと思います。
これは証明のしようがないことですが。

━━ 米国には、駆逐艦による哨戒活動以外に意思を示す方法がなかったのでしょうか。
先ほど指摘していただいたように、軍による活動はどうしても不測の事態につながる危険が
あります。例えば経済制裁とか。

小原:なかったでしょうね。「米軍が自由に活動すること」を示すのですから、軍が動くしか
ありません。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/102800077/

続きを読む
posted by 中島 at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

【一触即発!】中国、「米海軍のイージス艦が挑発続ければ攻撃するかもよ?」と警告へ

chinaflag01.png
1: 2015/10/30(金) 21:12:33.59 ID:4qiTkEN60●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/button1_01.gif
【ワシントン=青木伸行】米海軍制服組トップのリチャードソン作戦部長と中国海軍の呉勝利司令官は29日、米海軍が南シナ海で中国が造成した人工島の
12カイリ内にイージス駆逐艦を派遣する「航行の自由作戦」を実施したことを受け、約1時間にわたりテレビ会談を行った。米中の軍高官による直接対話は作戦後、初めて。

 米海軍によると、両氏は作戦、艦船の寄港を含む両国海軍同士の関係などをめぐって意見を交換し、すでに双方で合意されている偶発的な衝突回避措置をとることや、
対話を維持する重要性では一致した。

 米海軍は会談に関する声明の中で、作戦は(1)公海における航行の自由と権利を守るもの(2)南シナ海の領有権問題それ自体への「挑戦」ではない(3)領有権問題に関し、
米国は特定の立場を取らない−と指摘した。リチャードソン氏はこうした見解を中国側に伝えたとみられる。

 一方、中国国営新華社通信によると、呉氏は米駆逐艦の航行に「重大な懸念」を表明。また、「危険な挑発行為を続ければ事態が緊迫し、衝突が起きる可能性がある」と警告し、
「再発防止」を求めた。両者は年内に改めてテレビ会談を行う方針だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000565-san-n_ame


2: 2015/10/30(金) 21:14:09.16 ID:cVPU0hSM0.net

はようてやこの腰抜け(´・ω・`)


3: 2015/10/30(金) 21:14:28.14 ID:w3mGb0ZN0.net

口だけかよ


4: 2015/10/30(金) 21:14:36.73 ID:0GO1kb6/0.net

やってみろよヘタレ

続きを読む
posted by 中島 at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

「日本は中国軍機の飛行妨げるな」中国国防省報道官、航空自衛隊スクランブルを中国軍機の「安全を脅かしている」と非難 ← いやこっちに飛んでくるなよ いつもに増して頭おかしいな

sentouki001.png
1: 2015/10/30(金) 14:37:55.05 ID:???*.net

 【中国総局】中国国防省の楊宇軍報道官(上級大佐)は29日、
日本の領空に接近した中国軍機に対する航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)について、
「中国軍機は関連する空域を法に基づき飛行する自由を有する」と述べたうえ、
「日本が中国側の飛行の自由を妨げる行為を停止するよう求める」と語った。

 防衛省統合幕僚監部が発表した平成27年度上半期(4〜9月)の空自によるスクランブル回数で、
中国が国別で最多の231回に達したことを受け、定例記者会見で述べた。

 楊氏は、日本周辺で活動する中国軍艦艇、航空機に対する自衛隊の「近距離での追跡、監視、妨害」が、
中国軍機などの「安全を脅かしている」と非難した。

http://www.sankei.com/world/news/151030/wor1510300029-n1.html


3: 2015/10/30(金) 14:38:27.76 ID:Rd1ersvp0.net

おまいらが(ry


4: 2015/10/30(金) 14:39:22.58 ID:Rcd6FvIC0.net

当たり屋とかチンピラに在チュンが多いのがわかる気がする。


5: 2015/10/30(金) 14:39:32.45 ID:4LUaCuwc0.net

中国が飛ばさなければ日本もスクランブル不用
それだけじゃねーか( ̄ε ̄;)

続きを読む
posted by 中島 at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民度

2015年10月30日

南シナ海 暴発的事件の恐れ 中国が警告 ← 恐れてるのは中国ね

syuuu.jpg
1: 2015/10/30(金) 13:21:48.94 ID:7IWFsxfj0●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典

「暴発的事件の恐れ」警告=南シナ海、テレビ会談で中国軍
 【北京時事】中国の新華社通信によると、中国海軍の呉勝利司令官は29日、米海軍の
リチャードソン作戦部長とのテレビ会談で、南シナ海の人工島付近の米艦航行について
「米側が危険な挑発行動を続けるなら、双方の海空の最前線の兵力間で重大な緊迫局面を招き、
暴発的な事件が起きる可能性がある」と警告した。

 呉司令官は米艦の行動に「重大な懸念」を表明。「航行の自由はいかなる国家にも他国の
主権と安全を損なう口実、特権を与えるものでない」と主張した。

 その上で「米側が中国の懸念を無視するなら、われわれは一切の必要な措置を取らざるを得ない」
と述べた。(2015/10/30-12:51)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015103000470


5: 2015/10/30(金) 13:23:15.51 ID:mfljQwmN0.net

天安門事件かな?


7: 2015/10/30(金) 13:24:01.87 ID:gNsTd6Yt0.net

口はいいから手を動かせ


8: 2015/10/30(金) 13:24:06.28 ID:Qxik2a1E0.net

チャーハンチャーハン

続きを読む
posted by 中島 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 侵略

中国 「一人っ子政策」の廃止決定 (NHK)

chinamap01.jpg
1: 2015/10/29(木) 20:12:59.68 ID:a9B2kpIJ*.net

10月29日 19時52分

中国国営の新華社通信の英語版によりますと、今月26日から開かれていた共産党の重要会議「5中全会」で「すべての夫婦が2人の子どもをもうけることを認める」として、いわゆる「一人っ子政策」の廃止を決定しました。
中国の「一人っ子政策」は1980年ごろから実施され、夫婦が2人以上の子どもをもうけるには条件がつけられていました。

(記事の続きや関連情報はソース元で)
引用元:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151029/k10010287491000.html


2: 2015/10/29(木) 20:13:46.35 ID:xVHdxUH20.net

今さら遅いわ


3: 2015/10/29(木) 20:14:19.99 ID:BgQW3N9O0.net

超高齢化社会にやっと気づいてももう遅い
まぁ中国なら年寄りが少しいなくなっても気にしなさそうだけど


4: 2015/10/29(木) 20:15:15.66 ID:IvHXJmSd0.net

ネズミ講

続きを読む
posted by 中島 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

中国ワナワナ 南シナ海で日米共同軍事訓練近く実施

souryu.jpg
1: 2015/10/29(木) 06:48:36.35 ID:J8VIHR8n0●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典

南シナ海問題:南沙航行 日米、訓練 近く実施 中国けん制か
毎日新聞 2015年10月29日 東京朝刊

 米海軍のイージス駆逐艦が南シナ海の南沙諸島で「航行の自由」作戦を実施したことに合わせ、
海上自衛隊の護衛艦と米海軍の空母部隊が南シナ海で共同訓練することが28日、分かった。
緊密な日米同盟をアピールし、中国をけん制する狙いとみられる。

 海自は9月26日から、米海軍とインド海軍がインド洋で実施した共同訓練「マラバール」に
護衛艦「ふゆづき」を参加させた。その後、護衛艦と米空母「セオドア・ルーズベルト」の部隊は
28日までに、シンガポールのチャンギ港に寄港した。

 防衛省によると、今後、護衛艦と米空母部隊は南シナ海の南側、ボルネオ島北方付近を航行し、
その際に通信訓練や、米兵と自衛隊員による艦船乗り換えなどの共同訓練を実施する。

 護衛艦は今回、南沙諸島で中国が埋め立てた人工島から遠く離れた場所を航行するため、
12カイリ(約22キロ)に入ることはないが、将来的な自衛隊の南シナ海での警戒監視活動を念頭に
置いた訓練の可能性がある。護衛艦は11月10日に帰国する予定だ。【村尾哲】
http://mainichi.jp/shimen/news/20151029ddm002030145000c.html


3: 2015/10/29(木) 06:49:33.49 ID:3daRHlmS0.net

イケイケドンドン撃ちてしやまぬ


6: 2015/10/29(木) 06:53:58.32 ID:bVxx5m+i0.net

もう中国限界だろ
TPP成立したら中国虫の息だろうな


8: 2015/10/29(木) 06:56:34.15 ID:y/1JD3HD0.net

ピーノとかベトナムも入れておけば後々の監視も楽になるんじゃね。。

続きを読む
posted by 中島 at 02:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事