おもしろ中国ニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2016年08月29日

潘基文国連事務総長が絶賛「中国の努力でG20サミットは新たなレベルに」―中国メディア

1: 2016/08/29(月) 05:13:32.62 ID:CAP_USER

no title

写真は開催地の杭州市。

2016年8月27日、新華網は記事「中国の積極的な努力がG20サミットの包容性を新たなレベルに引き上げた」を掲載した。

国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は26日、ニューヨークの国連本部ビルで新華社の取材に応じ、9月4日、5日に浙江省杭州市で開催されるG20サミットについて、中国の努力によって包容性が高まったと評価した。

杭州G20サミットには加盟国以外に東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のラオス、アフリカ連合(AU)議長国のチャド、「アフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)」の議長国であるセネガル、77カ国グループの議長国タイ、
そして発展途上国における大国のカザフスタンとエジプトが招かれている。G20サミット史上、最も途上国の参加が多い会議となった。(翻訳・編集/増田聡太郎)

http://www.recordchina.co.jp/a148772.html


2: 2016/08/29(月) 05:17:03.78 ID:3A4v9Xmu

潘基文が韓国大統領になれば韓国は親中になるんだろうな
そうなると韓国の THAAD も配置中止、日韓の慰安婦合意もなかったことに


50: 2016/08/29(月) 09:37:39.61 ID:BSxRLlOc

>>2
え、サードって居つ設置すんの?


3: 2016/08/29(月) 05:17:06.03 ID:xtj4o9zw

笑わせる何度その手の詐欺に騙されるんだ此の猿www

続きを読む
posted by 中島 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

【日刊SPA】「爆買い終了」本当の原因はボッタクリ!? 中国人観光客がうんざり

1: 2016/08/28(日) 11:32:19.59 ID:CAP_USER

 テレビや新聞で連日、伝えられる爆買いの収束。しかし、中国人観光客の数は減っておらず、実態は少し違うようだ。その本当の原因とは?

キックバック制度にうんざり。普通のお店で買い物したい!

 日本経済の頼みの綱とされてきた中国人観光客による爆買いが、その賑わいを失いつつある。

 日本百貨店協会が発表した4月の免税総売上高が、前年同月比で39か月ぶりにマイナスに転じたのだ。以降、3か月連続して前年割れを記録。
だが、昨年8月と現在を比べた上のデータを見てもわかる通り、購買者数は減少しておらず、爆買い客の財布の紐が固くなったことを示している。

「1年前は数百万円するスイス製高級時計が一日に1本は売れていたのに、今は週1本売れればいいほう。爆買いバブルは終わりました」(東京・新宿の時計店の店員)

 爆買い終了の主な要因としてメディアでよく語られるのは円高と中国当局による関税引き上げだが、実はそれだけではない。

 爆買い中国人観光客を巧みに獲得した家電量販大手のラオックスは、’14年8月からの1年足らずで株価が10倍になり、昨年7月には5550円をつけた。しかし、爆買いの冷え込みで全戻しに近い状態となり、現在は700円前後で推移している。
「同社の低迷の原因に爆買い収束のヒントがある」と語るのは中国人ジャーナリストの周来友氏だ。

「ラオックスはツアーを催行する旅行代理店とキックバック契約を結んで集客していた。商品の多くは、一般の家電量販店と比べても2〜3割も高かった。
しかし、そのことが訪日中国人にも知れ渡った。繁華街の一般店舗でも免税手続きができることが徐々に広まり、ボッタクられていることがわかったのです。
爆買いの象徴だったラオックス銀座本店前には、相変わらず中国人観光客を乗せた大型バスが乗り付けていますが、店を素通りして別の場所で買い物を楽しむ人が増えています」

 中国の旅行代理店はツアー価格に利益を乗せず、現地でツアー客を誘導した免税店や飲食店からのキックバックで収益を確保するというビジネスモデルを長らく続けていた。
だが、噂が中国のネットやSNSで広がり、キックバックシステムを嫌う中国人観光客が増えたのだ。

「上海発2泊3日で1800元(約3万円)というキックバック抜きでは成立しないような激安ツアーは今もある。何で収益を得ているかというと、一日ひとり当たり800元(約1万3000円)の“追加料金”を支払えば、自由行動ができるというオプションです。
追加料金と引き換えに自由を選ぶツアー参加者は、美術館巡りや登山をしたりしています。観光テーマに応じた20人以下の小規模ツアーも多く、個人旅行者の割合も増えたことで、中国人観光客の日本での過ごし方が多様化しています。
百貨店や大型免税店に爆買い客が集中する時代が終わったと思います」(手配業務を受託する旅行会社の社員)

 一方、周氏は中国人観光客が抱える疑心暗鬼が、財布の紐を固くしている面もあると話す。

「爆買いブームに乗り、百貨店や小売店では中国語対応スタッフを配置したり、中国人に人気の商品を充実させるなどの企業努力を行った。でも、これが仇となった。キックバックの横行で『中国人相手の店は割高』という負のイメージが定着。
今や小売店でも飲食店でも『中国語表示のある店には行かない』という観光客も多い」

 中国人による爆買いは、消えたわけではなく、一極集中型から、対象や場所が分散したようだ。

― [爆買い終了]の原因はぼったくりだった! ―

http://nikkan-spa.jp/1174541


2: 2016/08/28(日) 11:34:01.43 ID:wW7it3hk

>日本経済の頼みの綱とされてきた

されてねえわ
騒いでるのは日経はじめ経済音痴のマスコミだけ


3: 2016/08/28(日) 11:34:34.64 ID:/VUj0H5w

中国もういらないす


4: 2016/08/28(日) 11:34:42.80 ID:qoY0hMt/

ラオックスも中国傘下だし、結局チュウがチュウに騙されただけ

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

中国の音楽レベルは日本より20年は遅れている?スレ主の主張に「アニソンだけでその差は少しどころではない」―中国ネット

1: 2016/08/29(月) 01:29:56.29 ID:CAP_USER

2016年8月25日、中国の掲示板サイトに、「中国の音楽レベルは日本より20年は遅れているのか?」と題するスレッドが立った。

音楽を学んでいるというスレ主は、先生から中国の音楽レベルは、音楽をする人も聞く人も日本より50年遅れていると学んだという。
例えば、日本では音楽の各ジャンルに一定のファンが存在するが、中国ではほとんどの人が流行歌だけが好きで、ロックの世界だけで日本より20年は遅れており、クラッシックやジャズではもっと遅れていると主張した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「映画音楽は日本との差が20年どころじゃないと思う」
「門外漢から言わせてもらえば、アニメソングだけでその差は少しどころではない」

「俺たちが歌う多くの曲が日本のカバー曲」
「よく分からないけど、何年も前に多くの台湾や香港の歌手は日本の音楽に養ってもらっていたよね」

「20年遅れと言うなら、ずいぶんと自信がある言い方だ」
「20年遅れだって?笑っちゃうな。今の中国音楽が日本の1996年レベルに追いついているとでもいうのか?」

「遅れているは遅れているが、そこまで遅れてはいないと思う」
「個人的にはロックの分野では日本のレベルは高くないと思う。ロックなら英国や米国だ。ヘビメタなら米国が一番だな」

「中国は作詞がとても良いが、作曲が弱いのだと思う。だからカバー曲が多いのだろう。この点から言えば中国は遅れている」(翻訳・編集/山中)

http://www.recordchina.co.jp/a148755.html


3: 2016/08/29(月) 01:35:25.05 ID:xZdnMHJP

  
「日本と中国との比較」って発想がでてくる時点で、

アートや表現を語るのは不適切と思うんだがなw
  


5: 2016/08/29(月) 01:36:58.84 ID:EHUr3pX4

特アと同レベルで語られるの迷惑なんですけど


6: 2016/08/29(月) 01:37:22.50 ID:bQ+CeA/y

音楽どころか
すべて50年は遅れてるんだがな

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人の反応

日本にとって人口問題は「国難」だ!日本人は本当にいなくなってしまう?=中国

1: 2016/08/28(日) 23:13:21.47 ID:CAP_USER

 日本でも中国でも、子どもたちにとって夏休みの宿題は大きな悩みだといえるかもしれない。しかし将来、こうした悩みを経験する子どもたちの数は大きく減少する見込みだ。
 
 中国メディアの財経捜索は24日、世界の人口危機問題は深刻さを増しており、人口問題は日本においても「国難」レベルの問題になっていると説明している。

 記事は総務省が2016年7月に発表した統計を紹介。同統計によれば16年1月1日時点での人口は前年より約27万人も減少、7年連続で減少した。
さらに、日本は人口問題を「国難」として認識、政府は多くの措置を講じているが「効果は極めて低い」と説明した。このままでは2060年までに日本の労働人口は現在に比べて40%以上も減少すると説明した。

 しかし記事は人口危機問題は中国にとっても「深刻になっている」と指摘。一人っ子政策のツケによって、中国では高齢化がかつてない速度で進んでおり、2050年には高齢者が3億4880万人に達する見込みだ。
これは日本、エジプト、ドイツ、オーストラリアの人口の総和にほぼ等しい数だ。高齢化が進むと同時に労働人口も減少し、2015年の9億2400万人から2080年には3億3900万人まで減少する見通しだという。

 生産や消費といった経済活動に携わる人間が減れば、社会経済が成り立たなくなるのは誰の目にも明らかだ。ロボットを活用すれば生産面の落ち込みはカバーできるかもしれないが、消費は人間が増えなければカバーできないためだ。
中国はすでに一人っ子政策を撤回し、二人目の出産を認めている。日本も成果を追求する形で少子化対策を行わない限り、将来的に日本人は本当にいなくなってしまうだろう。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1617405?page=1


2: 2016/08/28(日) 23:14:52.02 ID:CzNxHZ2X

日本を作るのは日本国民自身
外国人が口出すべきことではない
DNAが受け付けない


4: 2016/08/28(日) 23:16:00.00 ID:gyfOprCw

人口ガーっと騒いでる奴は引き算しかできないバカ


6: 2016/08/28(日) 23:16:28.71 ID:TLWQWPx4

高齢化問題…
まあ、中国は老人を平気で見殺しにできる国だから心配ないだろうなぁ…

続きを読む
posted by 中島 at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国

日本がアフリカに3兆円の投資を表明=中国ネット「ばらまきで争ったら日本は破産」「アフリカは中国指導者の来訪に期待してる」

1: 2016/08/28(日) 20:58:05.62 ID:CAP_USER

2016年8月27日、中国メディアの財経網は、日本メディアの報道を引用し、日本がアフリカ諸国に対して3年間で300億ドル(約3兆円)の投資を行うと表明したと伝えた。

安倍首相は27日、第6回アフリカ開発会議(TICAD)で演説を行い、今後3年間で300億ドルの投資を行うと表明。これはアフリカにおける中国の影響力が増大していることを受け、日本の影響力を確保する狙いがあるという。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本はそんなお金があるの?」
「軍備競争はうまくいかないから投資競争するのか」
「中国とお金のばらまきで争ったら、日本は破産しちゃうよ」

「日本のは投資というが、われわれのは援助という」
「われわれは投資ではなく直接プレゼントしている。しかももっとたくさん」
「日本は本当にケチだな。中国がアフリカにあげたお金はずっと多いぞ」

「少なすぎだろ。ゼロをもう1つ増やさないと大国としての風格に欠ける」
「われわれは見返りを求めない援助を日本の投資よりずっとたくさん行っている」
「アフリカ諸国は中国の指導者が来訪することにもっと期待しているだろう」

「マリオが今度はアフリカに行ったのか?」
「安倍首相の目には中国しか映っていないようだ」
「日中が争ってアフリカが漁夫の利を得ているのか」(翻訳・編集/山中)

http://www.recordchina.co.jp/a148786.html


3: 2016/08/28(日) 21:00:03.06 ID:qkw2hNTU

日本の開発は現地の人を育てるんだよ。シナのは遅れてきた植民地


35: 2016/08/28(日) 21:20:43.34 ID:0A4pvOmB

>>3
欧米の投資も日本の猿真似だね


7: 2016/08/28(日) 21:03:49.48 ID:5gOFk8mo

中国に散々入れていた金をアフリカに回せば良いだけ

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人の反応

「常任理事国入りが目的」=日本の影響力警戒−中国・TICAD

1: 2016/08/28(日) 19:55:03.62 ID:CAP_USER

中国メディアでは、初めてアフリカで開かれたアフリカ開発会議(TICAD)首脳会議について「日本の国連安保理常任理事国入りに向けた支持獲得が目的だ」との見方が出ている。

中国はアフリカ各国と関係を深めてきており、日本の影響力拡大を警戒しているようだ。

27日付の中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は、ケニア・ナイロビでのTICAD開催を「安倍首相の派手な援助ショー」と批判的に報道。

国営新華社通信も28日、専門家の分析として、常任理事国入りのための協力、資源や軍事拠点の確保を狙った「経済、政治的な『雑念』と軍事拡張の野心を隠し難い」と伝えた。 

中国が日本の動きを注視するのは、経済面だけでなく、国際政治の面でもアフリカ各国との連携を強めてきたからだ。

南シナ海問題についても、中国外務省はアフリカの30カ国以上が中国を支持していると説明し、日米などの批判に反論してきた。

一方、中国のアフリカ支援に対しては「資源獲得が目的」との批判もある。

これに対し、中国は2015年12月に南アフリカのヨハネスブルクで開かれた「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会合で工業化支援を強く打ち出すなど、アフリカ発展への貢献をアピールしている。

【北京時事】(2016/08/28-17:41)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082800070&g=pol


3: 2016/08/28(日) 19:56:38.80 ID:MEVGZVZq

日本の常任理事国入りより、中国の常任理事国剥奪のほうが効くと思うけど、
どうでしょうか


6: 2016/08/28(日) 19:58:08.84 ID:4qOFzWmt

政治的価値観のない
ヘタレ日本が常任理事国になっても意味は無い。
それより中国を引きずり下ろせよ。


7: 2016/08/28(日) 19:59:59.11 ID:+cOhGPLz

中国はアフリカを経済植民地化してるだろ

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国